海外レース他 ニュース

投稿日: 2020.09.27 17:53
更新日: 2020.09.27 18:16

FIA-F2第10戦ロシア レース2:大クラッシュによりレースは途中打ち切りに。周冠宇が初優勝、角田裕毅は6位


海外レース他 | FIA-F2第10戦ロシア レース2:大クラッシュによりレースは途中打ち切りに。周冠宇が初優勝、角田裕毅は6位

 9月27日(日)、2020年FIA-F2第10戦ロシアのスプリントレース(決勝レース2)が開催され、7周目に発生した大クラッシュでレースは打ち切りに。規定により5周終了時点のリザルトが適用され、周冠宇(ユニ・ヴィルトゥオーシ)が初優勝。日本の角田裕毅(カーリン)は6位、佐藤万璃音(トライデント)は15位だった。

 ソチの気温は28.1度、路面温度37.8度のドライで引き続き暑く、風は無風だ。規定周回数は21周、タイヤ交換の義務はない。


本日のレースクイーン

アップルプリティーズ
安藤まい(あんどうまい)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング