海外レース他 ニュース

投稿日: 2021.06.25 18:15

Gen3仕様マスタング披露。ケリー・グローブ・レーシングが改めて2022年のRSC投入を表明


海外レース他 | Gen3仕様マスタング披露。ケリー・グローブ・レーシングが改めて2022年のRSC投入を表明

 RSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップに参戦し、2020年からフォード陣営にスイッチしたケリー・グローブ・レーシングが、2022年からの本格稼働を予定する“Gen3”シャシー投入を改めて表明。現在チームに在籍するデビット・レイノルズと、アンドレ・ハイムガートナーの2021年仕様カラーリングを採用したGen3仕様フォード・マスタングのレンダリング画像を公開した。

 来季RSCへの導入が予定されるこのGen3規定は、現在の“Car of the Future(カー・オブ・ザ・フューチャー/COTF)”規定を基本とするGen2から許可された、2ドアクーペや5ドアハッチバックなどに対しても、スケーリング上の優位性や性能差が生じないよう配慮。かつ見た目に“違和感”を抱くことがないよう見直しが行われる。


関連のニュース

本日のレースクイーン

KeePer Angels
後藤佑紀(ごとうゆうき)

海外レース他 Photo Ranking

フォトランキング