クルマニュース

投稿日: 2015.12.03 00:00
更新日: 2018.02.17 11:56

オートサロンに『トヨタS-FR』レース仕様車出展


2015年12月03日

トヨタ自動車、東京オートサロン2016に「TOYOTA S-FR」レーシング仕様車を出展
-ヴォクシー、ノアの“G's”コンセプトカーもあわせて出展-

 トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、2016年1月15日(金)から17日(日)の3日間*1、幕張メッセ(千葉市)で開催予定のカスタムカーイベント“TOKYO AUTO SALON 2016”に、TOYOTA GAZOO Racing*2として出展し、第44回東京モーターショー2015に出展したコンセプトカー「TOYOTA S-FR」のレーシング仕様車「TOYOTA S-FR Racing Concept」や、“G's”のコンセプトカー「VOXY G's Concept」、「NOAH G's Concept」などを出展する。

 TOYOTA S-FR Racing Conceptは、大きく張り出したオーバーフェンダーや大胆なエアアウトレット(空気排出口)を備えたエンジンフードに加え、フロントアンダースポイラー、カナード、リヤスポイラーなどCFRP*3の大型エアロパーツを採用。サーキットで高いパフォーマンスを発揮するためのデザインを追求した。TOYOTA S-FRの愛着の湧くシンプルなスタイルをベースにしながらも、よりスポーティなスタイルを実現することで、TOYOTA S-FRの新たな世界観を提案する。

“新スポーティミニバンの提案”をキーワードとして、ヴォクシー、ノアに“G's”が持つ「走りの味」「クルマの楽しさ」を付与。ミニバンを意識させない、「走りの楽しさ」「操る喜び」を追求した走りと上質な乗り心地を両立。さらに、スポーティかつ個性的な外観や、走る気持ちを高揚させる室内空間を演出している。

 また、2007年から参戦を続けているニュルブルクリンク24時間耐久レースの歴代参戦車両や、2015年にFIA世界耐久選手権(WEC)や全日本ラリー選手権で活躍した車両なども展示する。

 トヨタは、これまでも東京オートサロンをクルマ好きとの交流の場として位置づけ、積極的に出展してきた。これからもお客様との対話を通して多くのクルマ好きの声を「もっといいクルマづくり」にいかし、クルマ好き、クルマファンに向けた魅力あるクルマづくりに邁進していく。

*1 1月15日業界・報道関係者招待日、16日〜17日一般公開日
*2 クルマを極限状態に置く「レース」「ラリー」への挑戦を通しての「人づくり」を創業以来変わらぬトヨタの想いとして受け継ぐとともに、その活動そのものが「もっといいクルマづくり」の主軸であることを明確にするため、「TOYOTA GAZOO Racing」の名のもとに一本化
*3 CFRP Carbon Fiber Reinforced Plastic(炭素繊維強化樹脂)

出展車両・ブースについての詳細は、TOYOTA GAZOO Racingサイトで随時公開予定
http://gazooracing.com/eventexhibition/tokyoautosalon/


関連のニュース

本日のレースクイーン

テクノファーストレディ
愛聖りさ(あいせりさ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング