クルマニュース

2012.08.01

ポルシェ918スパイダープロトにマルティニカラー


2012年8月01日

実績のあるパートナーシップを刷新

918スパイダー プロトタイプにマルティーニデザインを採用

日本. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:マティアス・ミューラー)は、ニュルブルクリンクのノルドシュライフェにおいて918スパイダーの開発走行テストを開始するにあたり、最新のテスト車両がマルティーニ®レーシングの伝統的なデザインをまとってテストに臨むことを決定いたしました。

 ポルシェAGとマルティーニ®ブランドを擁するバカルディ&カンパニー・リミテッド・オブ・スイスは、マルティーニ®レーシングのデザインを革新的なモデルである918スパイダーにのみ採用するパートナーシップ契約に調印し、両社のパートナーシップは新たな局面を迎えました。

 マルティーニ®レーシングのデザインは、とりわけ1970年代以降のポルシェ レーシングカーに数多く採用され、圧倒的な人気を集めました。そして、その人気は現在も健在です。マルティーニ®は1973年から1978年の間、ポルシェのオフィシャルパートナーとして活動していました。

 当時は、数多くのレースで勝利を飾った “マルティーニ®ポルシェ" の魅力的なデザインは話題の的でした。その勝利の中には、1973年のタルガフロリオにおける初の総合優勝、1976年のスポーツカー世界選手権における勝利、そして1976年と1977年のル・マン24時間レースで獲得した総合優勝があります。ポルシェは1971年の時点から早くもマルティーニ®のサポートを受けており、ル・マンの伝統ある耐久レースでポルシェ917を走らせて優勝しています。ポルシェ908、917、935、936、911RS、911RSRは、どれもマルティーニ®レーシングならではの印象的なデザインを採用していました。

 918スパイダーは、スーパースポーツでありながら日常の走りに適した性能を十分に備えています。高性能なエンジンと前後のアクスルに備わった電気モーターは、比類のない走行性能を発揮させるとともに優れた効率性を実現。3つのドライブユニットを持つため総出力が770 PSに達する一方、走行距離100㎞あたりの燃料消費量(NEDC)は、わずか3リッターほどになると予想されています。この燃費性能は、CO2排出量の値が約70 g/kmになることを意味します。カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製のモノコックボディは、車両重量の低減だけでなく、優れた剛性と高い精度も実現しています。

 可変エアロダイナミクスシステム、アダプティブリアアクスルステアリング、そしてエグゾーストパイプを上向きに配した“トップパイプ"エグゾーストシステムなども918スパイダーの注目すべき特徴です。このプロトタイプのスタイリングは過去の特別なモデルを彷彿とさせるだけでなく、こうした特徴により918スパイダーはスーパースポーツカーと呼ぶにふさわしい1台になりました。

 プラグインハイブリッドモデルであるこの革新的なスーパースポーツカーは、ニュルブルクリンクのノルドシュライフェ(1周20.8 km)において7分22秒を切るラップタイムをマークすることが開発目標のひとつになっています。

仕様:ポルシェ918 スパイダー*

ボディ:2シータースパイダー、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製モノコックボディ(CFRP製のユニットキャリアを採用)、2ピース構造タルガルーフ、固定式ロールオーバー・バー

パワートレイン:\tパラレル方式フルハイブリッドシステム、4.6リッターV型8気筒エンジン(ミッドシップレイアウト)、ドライサンプ潤滑システム、ハイブリッドモジュール(電気モーターおよびデカプラーを装備)、デカプラーおよびギアユニット付電気モーター(フロントアクスルに搭載)、エレクトリカルシステム回生機能、4系統冷却システム(モーター、トランスミッション、バッテリー冷却用)、サーマル・マネージメントシステム

出力:570 PS以上 (V型8気筒エンジン)
約90 kw(ハイブリッドモジュール[リアアクスルに搭載])
約80 kw(電気モーター[フロントアクスルに搭載])
770 PS以上(総出力)

サスペンション:\tフロント:ダブルウィッシュボーン式サスペンション、電子機械式パワーステアリング、リア:マルチリンクサスペンション(後輪独立操舵用の電子機械式アダプティブステアリングシステムを装備)、電子制御フロントエアリフトシステム(オプション)

ブレーキシステム:高性能ハブリッドブレーキシステム(アダプティブ制御エネルギー回生システムを装備)、セラミックブレーキディスク(PCCB)

バッテリー:リチウムイオンバッテリー(初期定格容量:6.8 kWh)、最大出力:202 kW、家庭用電源対応プラグインチャージャー

性能:最高速度        325km/h以上
最高速度(電気モーターのみ)\t150 km/h以上

加速性能:\t0 – 100km/h\t3.0秒以内

燃費(NEDC):総合 約3.0リッター/100 km

CO2 排出量:総合 約70 g/km

航続距離:\t電気モーターのみの場合\t25 km以上

*仕様は変更される場合があります


関連のニュース

クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

ケースペックグループ/2019TAS
相沢真美(あいざわまみ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング