クルマニュース

2016.02.19

マクラーレンP1&675LT Spiderを初公開


マクラーレン・オートモーティブ プレスリリース

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)、
カーボン・ファイバーを幅広く採用した McLaren P1(TM)と
McLaren 675LT Spiderをジュネーブ国際モーターショーで公開

●マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が、カーボン・ファイバーを幅広く採用したMcLaren P1(TM)を公開

●発表からわずか数週間で完売となった、オンロード走行のための法的基準を満たしたコンバーチブルで最速のMcLaren 675LT Spiderを、MSOがカーボン・ファイバーをテーマに手掛け、ジュネーブにて初公開

●スポーツシリーズ、スーパーシリーズおよびアルティメットシリーズのフルラインアップを展示

●ジュネーブ国際モーターショーでの新たなスタンドのロケーションは、Hall 6、Stand 6040

2016年2月17日 英国発
 名門Formula 1(TM)チーム、マクラーレンのグループ企業であるスポーツカーメーカー、マクラーレン・オートモーティブ(本社:英国サリー州、エグゼクティブ・チェアマン:ロン・デニス)は、同社のビスポーク部門であるマクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(以下、MSO) より、カーボン・ファイバーを幅広く採用したMcLaren P1(TM)およびMcLaren 675LT Spiderをジュネーブ国際モーターショーにて初公開することを発表しました。

 マクラーレン・オートモーティブは、今年もジュネーブ国際モーターショーにて展示を行います。このモーターショーへの参加は今年で4回目となりますが、ロケーションを新たに移動したスタンドでは、これまでのモーターショーの中で最大規模となり、3カテゴリーのフルラインアップを展示するなど、展示モデル数も最大級となります。さまざまな注目イベントが予定されていますが、MSOでは、先日プロダクションが完了したMcLaren P1(TM)にフォーカスし、カーボン・ファイバーを幅広く採用したモデルを公開します。

 さらに、わずか数週間で完売されて以降、初のモーターショーという公式の場に登場する675LT Spiderのビスポーク・モデルも製作しました。各モデルは、先日ジュネーブでの展示が発表されたMcLaren 650S GT3レーシングカーと、今後発表予定でスポーツシリーズのファミリーとなるニューモデルとともに、Hall 6、Stand 6040で公開されます。マクラーレンがモーターショーでこれほど大規模な展示をするのは今回が初となり、英国の誇りあるインデペンデントなスポーツカー・ブランドであるマクラーレンの成長を改めて示すものとなります。


クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

au Circuit Queen/2018SGT
千倉里菜(ちくらりな)

Photo Ranking

フォトランキング