クルマニュース

2014.10.24

マツダ6 SKYACTIVがドイツで最高速に挑戦


マツダ6 SKYACTIV-D 2.2Lが、ドイツで最高速記録にチャレンジ

 10月18日・19日にドイツ北部パッペンブルクの自動車試験場(ATP)にて、マツダ6 SKYACTIV-D 2.2L量産車による24時間連続最高速チャレンジが行われ、出走した3台が全てノートラブルで24時間を走り抜き、先頭車両がこれまでの排気量2.0〜2.5リットルの量産ディーゼルターボ車レコードである209.824km/hを大きく上回る221.072km/hを記録(FIA認証申請中)。他の2台もわずかの差で追従しました。

 このスピードチャレンジはマツダ・ドイツが企画したもので、FIA(世界自動車連盟)の検査官の立会いのもと5月にマツダ防府工場で製造されたドイツ向けマツダ6(日本名:アテンザ)2.2リットルディーゼルターボのECUを封印し、ドイツに輸送後も厳格に管理されてこのスピードチャレンジに臨みました。車両は、乗員の安全を守るためのロールケージとバケットシート以外は、完全ノーマルな量産ロードカーのまま。インターネットを通じて募集し、8月末にホッケンハイムサーキットで行われたセレクションで選ばれた一般ドライバー、マツダ・ディーラー関係者(経営者やメカニック)、同顧客、パートナーの自動車メディア、レーシングドライバーなど23名のドライバーが、それぞれ1.5時間の持ち時間を2回走行する計画で24時間のスピードチャレンジを実施しました。