クルマニュース

2012.09.18

最も小さなフォルクスワーゲン、『up!』発売


PressInformation
VPR12-061
2012年9月18日(火)
フォルクスワーゲングループジャパン株式会社

最も小さなフォルクスワーゲン、「up!」を発売

 低速域追突回避・軽減ブレーキ「シティエマージェンシーブレーキ」をクラスで初めて標準採用フォルクスワーゲングループジャパン株式会社(本社:愛知県豊橋市、社長:庄司茂、略称:VGJ)は、フォルクスワーゲンとして最もコンパクトなサイズとなる新しいスモールカー「up!」(アップ!)を、10月1日(月)から全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで販売します。

 今回発売する「up!」は、全長3,545mmx全幅1,650mmと外観サイズはポロより全長-450mm、全幅-35mmとコンパクトながら、タイヤをボディの四隅に配置し、エンジンのレイアウトを工夫するなど、居住空間を最大化し、かつてのオリジナルビートル同様に、大人4人と小旅行の荷物を搭載するラゲージスペースを確保しました。最も小さなフォルクスワーゲンながら、高い安全性と品質、優れた静粛性はクラス水準を大きく超え、時代が求めるダウンサイジングトレンドにマッチした新しいスモールカーです。

 ラインアップには、2ドアにmove up!(ムーブ アップ!)、4ドアにmove up!と装備の充実したhigh up!(ハイ アップ!)の、計2グレード3タイプを用意。価格は2ドアのmove up!が149万円、4ドアのmove up!が168万円、そして上級グレードとなるhigh up!が183万円(全て税込)と、輸入車としては手の届きやすく、国産軽自動車の上級モデルや、ハイブリッドスモールカー等とも競合しうる戦略的な価格設定としました。

「up!」の特筆すべき特徴の1つは、クラスを超えた高い安全性です。フォルクスワーゲンでは全車標準となるESPや、フロントサイドエアバッグ(頭部保護機能付)に加え、シティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)をこのクラスの車として初めて全車標準採用しました。時速約5〜30km未満で走行中、フロントウインドー上部に設置されたレーザーセンサーにより10m前方までの車両などの障害物を検知、ドライバーが減速しなかった場合には自動的にブレーキをかけ、追突を回避、もしくは追突時の衝撃を軽減します。更に、ボディに軽量化と剛性の高さを両立させる熱間成型鋼板や超高張力鋼板を多く採用し、軽量な車重900kg(2ドア)を実現しながら、欧州のEuroNCAP衝突安全テストにおいて最高となる5つ星をマークしました。

 環境性能の高さも、クラストップレベルです。新開発の1リッターエンジン(55kW/75PS)と、同じくこの車の為に開発された軽量/高効率な5速自動変速トランスミッションASG*を組み合わせ、国内で販売するフォルクスワーゲンとして過去最高となる23.1km/l(JC08モード)の低燃費を実現し、エコカー減税(75%減税)の対象車となります。

*Automatisiertes Schaltgetriebe:ドイツ語でオートメーテッドマニュアルトランスミッションの意味。マニュアルトランスミッションをベースにした電子制御による自動変速機。

「up!」は、欧州では「Lupo」(ルポ2001年〜2006年)、「Fox」(日本未導入)の後を継ぐスモールカーとなりますが、国内では「Lupo」以来の導入となります。「Lupo」は2ドアモデルのみで導入しましたが、導入翌年の2002年には5,000台以上の販売を記録するなど、好評を博しました。VGJでは今回「up!」の導入にあたり、国内で需要の高い4ドアをラインアップすることにより、ゴルフ、ポロに次ぐ販売の柱として育成してまいります。

クラスを超えた安全性
「up!」の安全性能はすでに欧州のEuro NCAP衝突安全テストにおいて最高となる5つ星を獲得するなど実証済みですが、それは極めて真摯にコンパクトカーの安全性向上に取り組んだ結果の産物です。特別に高い強度を誇りながらその加工コストの高さからこのクラスへの採用があまり見られない熱間成型鋼板(超高強度の鋼板を加工するため、鉄板を一旦加熱した後に成型する)をボディの8%(フロアやBピラーなど)に採用し、ボディ全体の実に67%に超高張力鋼板あるいは高張力鋼板を採用。更にルーフやリヤハッチパネルのフレームへの接合にはレーザー溶接を施すなど、軽量化と高い安全性能を妥協無く追及しました。またフォルクスワーゲンではすでに全車で標準採用となるESP(横滑り防止装置)や、フロントサイドエアバッグ(頭部保護機能付)に加え、シティエマージェンシーブレーキ(低速域追突回避・軽減ブレーキ)をこのクラスのクルマとしては初めて全車に標準装備しました。

革新的パッケージング
 全長わずか3,545mmと軽自動車規格に比べても65mmしか長くないなかで、ホイールベースは2,420mmと一クラス上のポロ(2,470mm)に極めて近い数値を確保しています。このためには、新開発の1リッターエンジンのラジエーターを正面からオフセットして配置するなど、様々な対応を施しました。短いフロントオーバーハングを実現した結果、コンパクトな外観から想像出来ないほどの室内スペースが確保され、大人4名の乗車に加え、通常時で251l、後席折り畳み時で951lとポロ(280l/952l)に匹敵するラゲッジスペースを確保しました。加えて荷室のフロア高を2段階に調整できる「バリアブルカーゴフロア」を採用し、カーゴエリアの容量と用途に対応した使い勝手の良さを提供します。

シンプルで質感の高いデザイン
 フォルクスワーゲンAGグループデザイン責任者ワルター デ シルヴァの手によるup!のフロントエンドは、フォルクスワーゲンファミリーの一員としての、水平基調のラインによって結び付けられたヘッドライトとその中央に配置された大きなフォルクスワーゲンエンブレムを特徴とします。また微笑むようにデザインされたバンパーは、スモールカーならではの親しみやすさを感じさせる個性的な表情が与えられています。リヤセクションはスマートフォンを彷彿させる大きなダークガラスパネルを備えたリヤハッチを採用し、サイドビューは2ドアモデルと4ドアモデルで異なるウインドラインを持たせることにより、それぞれのモデルの個性を表現しています。直線基調のインテリアもエクステリア同様クリーンでシンプルなものとなっています。なかでも特徴的なのがダッシュボード前面を横断するデザインパネルで、グレードとボディカラーによって異なった仕上げとなり、high up!には一部のボディカラーにボディ同色のパネルを用意するなど、豊かなインテリアのバリエーションを持ちます。

 クラストップレベルの環境性能と動的性能
up!に併せて新開発された1リッターエンジンはアルミ合金製の3気筒自然吸気エンジンです。排気量999ccながら過去に販売していた同セグメント車、ルポ(1.4lエンジン)と同等の55kW(75PS)を発生し、同じく新開発の5速ASGとの連携によりJC08モードで23.1km/lと、ルポの14.0km/l(10・15モード)を大きく上回り、フォルクスワーゲンとして過去最高の低燃費を実現しました。ASGは重量30kgと自動変速ギアボックスとしては最軽量の部類に属します。動的性能としても0-100km/h加速で13.9秒(自社調べ)の快足を誇ります。


関連のニュース

クルマ News Ranking

本日のレースクイーン

ケースペックグループ/2019TAS
相沢真美(あいざわまみ)

クルマ Photo Ranking

フォトランキング