ラリー/WRC ニュース

2016.05.09

FIA、17年に向けWRC参戦ドライバーの制限を検討。「ジェントルマンドライバーは望んでいない」


ラリー/WRC | FIA、17年に向けWRC参戦ドライバーの制限を検討。「ジェントルマンドライバーは望んでいない」

 FIAは来季から世界ラリー選手権(WRC)に導入される新規則を受け、シリーズに参戦するドライバーを“制限”する仕組みの採用を検討している。

 WRCは過去の人気を取り戻すべく、2017年から新たな車両規則を導入。これにより、マシンのパワーが引き上げられ、マシンボディもワイド化。空力性能も向上することで、ほぼすべての大会でレコードが塗り替えられる可能性があるとされている。

 17年型WRカーの平均速度が向上することを受け、WRC関係者には参戦可能なドライバーを制限するべきとの意見が出ており、ドライバーからはF1で採用されているスーパーライセンスをWRCにも導入するべきだとの意見も上がっている。

 FIAのラリーディレクターを務めるヤルモ・マホネンは、スーパーライセンス導入には難色を示しつつも、経験が不足しているドライバーの参加を制限する手段を導入したいとの考えを明かした。

「(スーパーライセンスを導入した場合)ブライアン・ブフィエやロバート・クビカのように、年に2~3戦しか参戦しないドライバーはどうなる? こういったドライバーはライセンス発給条件を満たすことができないだろう」とマホネン。

「彼らのような実力あるドライバーが参戦できなくなる事態は避けたい。だから、ライセンス方式には賛同できないんだ。何らかのコントロールは行うべきだが、より“ソフト”な手段が好ましいね」

「例えば、事前にマニュファクチャラーがドライバーのリストを提出し、そこから我々が承認したドライバーのみがマシンをドライブできるという方法を考えている。この方法ならば、参戦するドライバーを、ある程度コントロールできる」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

KCMGエンジェルス
生田ちむ(いくたちむ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング