ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2017.08.22 10:34
更新日: 2019.06.26 11:16

シトロエン 2017年WRC第10戦ドイチェランド ラリーレポート


ラリー/WRC | シトロエン 2017年WRC第10戦ドイチェランド ラリーレポート

WRC第10戦ドイチェランドでミケルセンが総合2位を獲得

 
 8月17日~20日にかけて開催されたWRC第10戦ラリー・ドイチェランドで、シトロエン・トタル・アブダビWRTのアンドレアス・ミケルセン/アンデルス・ヤーゲル組が、洗練されたパフォーマンスを見せて総合2位を獲得しました。
 
 またチームからは、クレイグ・ブリーン/スコット・マーティン組も、今シーズン6回目となる5位フィニッシュを果たし、チームの強さを見せました。

アンドレアス・ミケルセン(シトロエンC3 WRC) 2017年WRC第10戦ドイチェランド
アンドレアス・ミケルセン(シトロエンC3 WRC) 2017年WRC第10戦ドイチェランド

 
◆ラリードイツの最終日は、SS18/20のLosheim am See(13.02km)と、SS19/21のSt. Wendeler Land(12.95km)という2箇所のスペシャルステージを2回ずつ走行する計4SSで行なわれました。車両を修復するサービスの時間は設けられていないため、ひとつのミスが大きなロスとなる危険性をはらんでいます。
 
◆ミケルセンは、総合2番手で競技最終日をスタート。21.4秒差で逃げる総合首位のオット・タナク(Mスポーツ)にプレッシャーをかけ続ける一方、8.2秒差に迫るセバスチャン・オジエ(Mスポーツ)の2番手浮上を阻止する決意でスペシャルステージに臨みました。

◆ミケルセンは、計画どおりの走りを披露し、ふたつのスペシャルステージをそれぞれ2番手タイムでフィニッシュ。SS19までを終えた段階で、タナクとの差を18秒に詰め、オジエとの差を19.3秒まで広げることに成功しました。

◆一方のブリーンもポジティブなスタートを見せ、SS19までを終えた時点で、総合4番手のエルフィン・エバンス(Mスポーツ)まで7.1秒という僅差に詰め寄ります。

クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC) 2017年WRC第10戦ドイチェランド
クリス・ミーク(シトロエンC3 WRC) 2017年WRC第10戦ドイチェランド

◆そこからブリーンはスパートをかけ、SS20で今大会初のSSベストタイムを記録。最終SSの“パワーステージ”でも見事なパフォーマンスを見せて、ライバルを逆転しました。ブリーン/マーティン組は、モンテカルロ、スウェーデン、コルシカ、ポルトガル、フィンランドに続く今シーズン6度目の総合5位を獲得しています。

◆マシンが走行を重ねるごとに路面コンディションが悪くなっていくなか、ミケルセンはリスクを回避して2位を確実なものにすることを決断。最終SSを無事に走り切って、WRCキャリアで21回目となる表彰台に上がり、笑顔を見せました。

◆第11戦となる次戦までは、約ひと月のブレイクが挟まります。ラリーRACCカタルーニャ・ラリー・デ・エスパーニャ(スペイン)は、10月6日~8日にかけて、地中海に面したサロウを拠点に行われます。

チームコメント


本日のレースクイーン

麻布チェリーズ
藤森マリナ(ふじもりまりな)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング