ラリー/WRC ニュース

2016.05.23

JRC第3戦:勝田が開幕3連勝飾る。新井はまさかの初日リタイア


ラリー/WRC | JRC第3戦:勝田が開幕3連勝飾る。新井はまさかの初日リタイア

 全日本ラリー選手権(JRC)は20日~22日、福井県で第3戦若狭ラリー2016が行われ、勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)が開幕3連勝を飾った。

 JRCでは2度目の開催となる若狭ラリーはすべてのSSがターマック(舗装路)で争われるイベント。今年は全14SS、SS総走行距離79.30kmで争われた。

JRC第3戦若狭ラリー2016 勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)
JRC第3戦若狭ラリー2016 勝田範彦/石田裕一(スバルWRX STI)

 SS1~8で争われる21日のデイ1は快晴となり、ドライコンディションで争われた。ここまで2連勝と調子の良い勝田は、オープニングのSS1からトップタイムを記録すると、同じくスバル勢の新井敏弘/田中直哉(スバルWRX STI)が2番手タイムに続き、スバル勢がワン・ツー体勢を構築する。

 しかし、直後のSS2で新井がコースアウト。この日の競技を続行することができずデイリタイアを選択し、優勝争いから脱落してしまった。

 新井の脱落により、総合2番手には奴田原文雄/佐藤忠宜(ミツビシ・ランサーエボリューションX)、総合3番手には福永修/竹原静香(ミツビシ・ランサーエボリューションX)が浮上した。

 勢いに乗る勝田はSS3も制してギャップを17.4秒とすると、その後もじわじわと後続を引き離し、デイ1終了時点で2番手の奴田原に対し20.9秒の大量リードを構築した。

 トップから30.8秒差の総合3番手にはSS5~8を制した福永が続き、総合4番手には鎌田卓麻/市野諮(スバルWRX STI)が続いている。


ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
鳴村なか(なりむらなか)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング