ラリー/WRC ニュース

2016.07.12

ヒュンダイのソルド、WRCフィンランド事前テストで脊椎骨折の大クラッシュ


ラリー/WRC | ヒュンダイのソルド、WRCフィンランド事前テストで脊椎骨折の大クラッシュ

 世界ラリー選手権(WRC)に参戦するヒュンダイ・モータースポーツのワークスドライバー、ダニ・ソルドがラリー・フィンランドに向けた事前テスト中に大クラッシュ。脊椎を骨折する大怪我を負った。

 今回の事故は、ソルドが操るヒュンダイi20 WRCがジャンピングスポットをクリアした直後に発生。着地の衝撃でマシンのサスペンションアームが壊れ、そのままコントロールを失い、高速で岩に激突したという。

i20 WRCはテスト中のジャンプ着地でサスペンションを破損
i20 WRCはテスト中のジャンプ着地でサスペンションを破損

 ベテランのソルドと長年ペアを組むコドライバーのマルク・マルティも同じくマシンに乗り込んでいたが、幸いにして大きな怪我はなく、事故後は病院でソルドを看護しながら、金曜日の夜を過ごし、翌日に退院。ソルドも同様に病院を後にし、現在は自宅で療養を続けている。

 この事故により、ソルドが7月28日に開幕するWRC第8戦フィンランドへ出場することはかなり厳しい状況となった。

ラリー・フィンランドでソルドの代役を努めるとみられるケビン・アブリング
ラリー・フィンランドでソルドの代役を努めるとみられるケビン・アブリング

 ソルドの代役は、チームの第4ドライバーであるケビン・アブリングとなる模様で、彼は昨年のラリー・スウェーデンでも、ソルドがトレーニング中に肋骨を負傷した際も代役を務めている。なお、アブリングがエントリーする場合、新型i20 WRCで戦う初めての実戦となる。

 チームは、事故の原因を究明するべく、ソルドのマシンを回収して調査を進めているほか、レギュラードライバーのティエリー・ヌービルとヘイデン・パッドンが参加するフィンランド事前テストの日程を7月22日~25日へ変更。また、この週末にパッドンが参戦予定だったフィンランドの国内戦『オートグリム・ラリー』へのエントリーもキャンセルした。

 ヒュンダイ・モータースポーツのスポークスマンは「今月末のラリー・フィンランド前に、テストを行えるようスケジュールを調整した」と語っている。

「現時点でダニがラリー・フィンランドに参戦できるかどうか、我々は一切確約のできない状態だ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング