ラリー/WRC ニュース

2016.07.10

WRCにコントロールタイヤ復活の可能性。早ければ17年に導入か


ラリー/WRC | WRCにコントロールタイヤ復活の可能性。早ければ17年に導入か

 世界ラリー選手権(WRC)は2017年シーズンから、ふたたびコントロールタイヤ導入へ踏み切る可能性がある。

 ピレリと3年間に及ぶコントロールタイヤ供給契約が終了した2011年から、FIAはチームに対してタイヤ選択の自由を認めてきた。

 その後、最上位クラスに参戦するすべてのワークスチームにはミシュランが、プライベーターチームにはピレリとDMACKの2メーカーがタイヤを供給。DMACKユーザーのひとり、オット・タナク(フォード・フィエスタRS WRC)は先週行われたWRC第7戦ポーランドで、ミシュランを上回るペースをみせている。

 WRCプロモーターのオリビエ・シエスラは、来月にはワンメイクタイヤを導入するか決定すると述べている。 

「これは数ヶ月前から話し合ってきたことだ」とシエスラ。

「賛否両論があるのはわかっている。しかし、この件は議題に上っており、近日中、おそらく1カ月以内には決定が下されるだろう」 


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

ラリー/WRC News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング