ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2020.07.28 12:38

ERC開幕戦:ソルベルグ、ブリーンら実力者たちを下した“ロシアン・ロケット”が完勝


ラリー/WRC | ERC開幕戦:ソルベルグ、ブリーンら実力者たちを下した“ロシアン・ロケット”が完勝

 シーズン全6戦に短縮された2020年ERCヨーロッパ・ラリー選手権第1戦『ローマ・デ・キャピタル』が7月24~26日に開幕。2度のERCチャンピオン獲得経験を持つ地元の英雄ジャンドメニコ・バッソ(フォルクスワーゲン・ポロGTI R5)や、2003年WRC世界ラリー選手権王者の血を継ぐオリバー・ソルベルグ(フォルクスワーゲン・ポロGTI R5)、MRFタイヤの開発を担うクレイグ・ブリーン(ヒュンダイi20 R5)ら実力者を抑え、2018年ERCチャンピオンの“ロシアン・ロケット”ことアレクセイ・ルカヤナク(シトロエンC3 R5)が、一度も首位を譲らない完勝劇でローマ戦キャリア2勝目を飾っている。

 新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の影響で開幕時期が大幅にディレイとなった2020年ERCシーズンが、イタリアの首都戦でいよいよ開幕を迎えた。今季も引き続きフランスの強豪Saintéloc Junior Teamからのエントリーとなった2018年ERCチャンピオンは、新コドライバーのドミトリー・エレミエフを迎えて心機一転。


本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング