ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.04.16 23:54
更新日: 2016.04.17 11:18

1-2決めたアウディが13年富士以来のポール。トヨタはトラブルに泣く


ル・マン/WEC | 1-2決めたアウディが13年富士以来のポール。トヨタはトラブルに泣く

 16日、WEC世界耐久選手権開幕戦シルバーストン6時間の予選が行われ、マルセル・ファスラー/アンドレ・ロッテラー/ブノワ・トレルイエ組の7号車アウディR18がポールポジションを獲得した。

 朝からみぞれ混じりの雪に見舞われるなど、大荒れの幕開けとなった土曜日のシルバーストン。予選前に行われた朝のフリー走行はヘビーウエットのコンディションのなか、コースアウトするマシンが続出する展開となった。

 今年もふたりのドライバーのベストラップの平均タイムで争われる予選は、午後に入ってコース上の水量こそ減ったものの、引き続きウエットコンディションで行われた。そのなか、3メーカーが争うLMP1クラスは、金曜から優位に立っていた王者ポルシェをアウディ勢が上回る展開となった。

 7号車のロッテラーが1分53秒201で全体のトップに立つと、ふたり目のアタッカーを務めたファスラーも1分53秒207にまとめ、トップの平均タイム(1分53秒204)を記録。もう一台のR18を走らせる8号車も、ルーカス・ディ・グラッシが終盤のラインが乾き始めたタイミングで1分52秒991をマークするなど、こちらも7号車からコンマ1秒落ちの平均タイムにまとめて2番手を獲得。なんとアウディ勢がフロントロウを独占する形となり、2013年の富士ラウンド以来となるポールスタートを手にした。

2号車アウディR18
2号車アウディR18

 一方、王者ポルシェは、マーク・ウエーバーとブレンドン・ハートレーの1号車が1分54秒150で3番手、ロマン・デュマとニール・ジャニの2号車も1分54秒266で4番手どまり。また、新型車両TS050のパフォーマンスに期待が集まったトヨタは、コントロールセッティングの問題で5号車が1分58秒台、6号車も2分00秒109と十分なアタックが出来ず、5番手と6番手に沈む結果となった。
1号車ポルシェ919ハイブリッド
1号車ポルシェ919ハイブリッド

5号車トヨタTS050ハイブリッド
5号車トヨタTS050ハイブリッド

 LMP2クラスでは、G-ドライブ・レーシングの26号車オレカ05・ニッサンが2分08秒479でクラスポールを獲得。LMPに先駆けて行われたLM-GTEでは、AFコルセのダビデ・リゴンとサム・バードがドライブする71号車フェラーリ488 GTEが2分12秒440の平均タイムでクラス最速、LM-GTEアマクラスでは、88号車ポルシェ911 RSRを走らせるアブダビ-プロトン・レーシングがトップにつけた。
26号車オレカ05・ニッサン(G-ドライブ・レーシング)
26号車オレカ05・ニッサン(G-ドライブ・レーシング)

 WEC開幕戦シルバーストンの決勝レースは、現地時間の17日正午(日本時間17日20時)よりスタート。日本でも19時30分から、J SPORTS 3で生中継が行われる予定になっている。
71号車フェラーリ488 GTE(AFコルセ)
71号車フェラーリ488 GTE(AFコルセ)

88号車ポルシェ911 RSR(アブダビ-プロトン・レーシング)
88号車ポルシェ911 RSR(アブダビ-プロトン・レーシング)


本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング