ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2024.06.16 17:32
更新日: 2024.06.16 18:09

ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後


ル・マン/WEC | ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後

 フランス、ル・マンのサルト・サーキットで開催されているWEC世界耐久選手権第4戦『ル・マン24時間レース』は現地6月16日(日)の10時(日本時間16日17時)にレースの4分の3が経過した。スタートから18時間時点の首位はポルシェ・ペンスキー・モータースポーツの6号車ポルシェ963(ケビン・エストーレ/アンドレ・ロッテラー/ローレンス・ファントール組)。TOYOTA GAZOO Racingは、8号車トヨタGR010ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー/平川亮組)が僅差の2番手、7号車(ホセ-マリア・ロペス/小林可夢偉/ニック・デ・フリース組)は7番手を走行中だ。

 24時間レースの序盤から、度重なる降雨によってドライ路面とウエット路面を繰り返すサルト・サーキット。折り返しの後半戦は、視界を遮る雨によって導入されたセーフティカー(SC)ランが続く。雨脚が弱まった明け方、約4時間の走行を終えた3台のSCは各隊列を離れ、現地時間4時11分、レース開始から16時間11分が経過したタイミングで8号車トヨタGR010ハイブリッドを先頭に戦いが再開された。


関連のニュース

ル・マン/WEC レース結果