ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.04.20 13:46

WTSCCロングビーチでポルシェ911 RSRがシーズン初勝利


ル・マン/WEC | WTSCCロングビーチでポルシェ911 RSRがシーズン初勝利

プレスインフォメーション

2016年4月20日

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第3戦、ロングビーチ(米国)

ポルシェ911 RSRにとってシーズン初勝利

米国. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)のポルシェ911 RSRが米国で今シーズン初勝利を挙げました。IMSAスポーツカー選手権第3戦が行われたロングビーチ市街地コースにおいて、IMSA GTディフェンディングチャンピオンのパトリック・ピレ(フランス)とル・マンの勝者ニック・タンディ(イギリス)は、スポーツカーのアイコンである911の第7世代をベースにした470PSを誇るポルシェ911 RSRを駆り、決勝において強力なライバルとの手に汗握る展開を制し、GTLMクラスで勝利を収めました。ロングビーチで911をドライブするワークスドライバーのラインナップとしては、2010年以来、初めての勝利となります。これにより、ポルシェは北米でもっとも重要なスポーツカーレーシングシリーズのマニュファクチュアラータイトルに向けて前進し、2位ながらトップとの差をわずか4ポイント差にまで縮めました。

 海と太陽と椰子の木という、絵葉書のように美しい風景をバックにわずか100分超というシーズン最短のレースを、10万人を超える観客が見守りました。ハリウッドとも目と鼻の先にあるこの場所で、ドラマと興奮には事欠きませんでした。5つの自動車メーカーがタイトルを目指して熾烈な争いを繰り広げるGTLMクラスで、ドライバーたちはスタートからフィニッシュまでアクション満載のスリリングなレースでファンを魅了しました。

 13周目、ポルシェ・ノース・アメリカの1台の911 RSRがトップを走っていました。ル・マン総合優勝者アール・バンバー(ニュージーランド)です。そのひとつ後ろのポジションには、チームメートのパトリック・ピレがつけていました。1時間後にピットインし、それぞれニック・タンディとフレデリック・マコヴィッキ(フランス)に引き継ぎましたが、このとき、ピットレーンでの速度超過により、即座にストップ&ゴーのペナルティーが課されました。しかしその後、この2人はコンスタントに速いラップタイムを叩き出します。セーフティカーフェーズにも助けられて順位を回復し、壁とフェンスで囲まれたコースの最終ステージでチャンスをつかみ取りました。しかし、フレデリック・マコヴィッキはフラッグを受ける直前でブレーキングポイントをミスし、前を走るコルベットに追突、損傷した911 RSRでピットに戻ることを余儀なくされました。これにより、バンバー/マコヴィッキ組は最終的には7位に甘んじることになりました。しかし、ニック・タンディはリードを奪い、見事、シーズン初勝利をものにしました。


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング