ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.07.23 22:02

TOYOTA GAZOO Racing WEC第4戦ニュル6時間 公式練習レポート


ル・マン/WEC | TOYOTA GAZOO Racing WEC第4戦ニュル6時間 公式練習レポート

2016年7月22日(現地発)

トヨタ自動車株式会社

WEC第4戦ニュルブルクリンク6時間 公式練習

TOYOTA GAZOO Racing
新空力パッケージのTS050 HYBRIDに手応え

 FIA世界耐久選手権(WEC)第4戦ニュルブルクリンク6時間レースが開幕。初日の7月22日(金)には2度にわたる公式練習走行が行われた。TOYOTA GAZOO Racingは、新空力パッケージのTS050 HYBRIDで着実な手応えを得た。

TS050 HYBRID #5号車:(中嶋一貴、アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ)
公式練習第1回目: 5番手 (1分42秒593), 34周
公式練習第2回目: 6番手 (1分42秒325), 40周

TS050 HYBRID #6号車:(小林可夢偉、ステファン・サラザン、マイク・コンウェイ)
公式練習第1回目: 6番手 (1分43秒635), 35周
公式練習第2回目: 4番手 (1分41秒822), 46周

 TOYOTA GAZOO Racingの本拠地があるドイツ・ケルンから90km程に位置するニュルブルクリンク・サーキット。ここで開催される6時間レースは、メカニカルトラブルで勝利を逸した第2戦スパ、第3戦ル・マンでの雪辱を果たす絶好のチャンスである。

 舞台となるグランプリコースは、1周5.148km。2台のTS050 HYBRIDは決勝レースを見据え、データの収集及びセッティング作業などの準備作業をこなした。

 チームはこのニュルブルクリンク6時間レースで、シーズン後半戦へ向けて開発された超ハイダウンフォース仕様のTS050 HYBRIDをデビューさせた。この新空力パッケージは、ストレートでの最高速よりも、コーナーリング時の性能を重視している。
 正午から行われた公式練習1回目では、TS050 HYBRID #5号車が1分42秒593で首位のポルシェから0.890秒差の5番手。#6号車が1分43秒635で6番手。午後4時半からの公式練習2回目には共にタイムを短縮、#6号車が1分41秒822で4番手、#5号車は1分42秒325で6番手タイムをマークした。

 幸にも公式練習初日は暖かく、ドライコンディションのまま両セッションを終えることが出来、TOYOTA GAZOO Racingは2台で合計155周、約800kmをトラブル無く走破。新パッケージの最適化に向けて着実な手応えを得た。

 明日23日(土)は、午前9時15分(日本時間午後4時15分)から60分間の公式練習3回目が行われた後、午後2時45分(同午後9時45分)よりLMPクラスの公式予選が行われる。決勝レースは、24日(日)の午後1時(同午後8時)にスタートが切られる。

6号車トヨタTS050ハイブリッド
6号車トヨタTS050ハイブリッド


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング