ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.10.25 12:15
更新日: 2020.10.25 23:39

スパ24時間:AFコルセ51号車が首位浮上。ピットスタートの可夢偉組は17番手/決勝12時間後


ル・マン/WEC | スパ24時間:AFコルセ51号車が首位浮上。ピットスタートの可夢偉組は17番手/決勝12時間後

 10月24日にスタートしたトタル・スパ24時間の決勝レースは25日3時に折り返しを迎え、スタートから12時間経過時点ではAFコルセの51号車フェラーリ488 GT3(アレッサンドロ・ピエール・グイディ/ジェームス・カラド/ニクラス・ニールセン組)が総合首位に立っている。

 IGTCインターコンチネンタルGtチャレンジ第3戦、GTワールドチャレンジ・ヨーロッパの第7戦として開催されている2020年スパ24時間の決勝は、直前のサポートレースで発生した大クラッシュにともなうバリアの修復のため、当初の予定より30分遅れの16時00分に開始された。


本日のレースクイーン

GREEN TECエボリューションギャルズ
桐嶋しずく(きりしましずく)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング