ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.11.20 12:48
更新日: 2016.11.20 13:19

WEC:トヨタ、レースペース及ばず逆転王座逃す。可夢偉「さらに力強くなって戻ってくる」


ル・マン/WEC | WEC:トヨタ、レースペース及ばず逆転王座逃す。可夢偉「さらに力強くなって戻ってくる」

 20日に6時間の決勝レースが行われたFIA世界耐久選手権(WEC)第9戦バーレーンに逆転のドライバーズタイトル、そしてアウディと争うマニュファクチャラーランキング2位の座をかけて挑んだTOYOTA GAZOO Racing。しかし、決勝結果は4位、5位と苦戦。逆転王座には届かなかった。

 トヨタは予選で、セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デイビッドソン/中嶋一貴組5号車TS050ハイブリッド、ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉組6号車TS050ハイブリッドの2台ともにベストタイム抹消の不運があり、後方グリッドからのスタートを余儀なくされる。

 迎えた決勝、5番手スタートの6号車トヨタは可夢偉がスタートを担当。序盤から前を走る7号車アウディR18を追いかけるが、オーバーテイクには至らず。逆に6番手スタートのチームメイト5号車に追い上げを受ける展開となってしまう。

 その後、前を走るポイントリーダーの2号車ポルシェ919ハイブリッドが下位クラスのマシンと接触してリヤタイヤをパンク。緊急のピットインを余儀なくされたことで、5号車、6号車ともにひとつずつ順位を上げる。

 しかし、トップ2を占めるアウディ陣、3番手の1号車ポルシェとはレーススピードに絶対的な差があり、これ以上のポジションアップは叶わず。最終的にトップから1周遅れで5号車が4位、6号車が5位でフィニッシュした。

 ポイントリーダーの2号車ポルシェが6位に入ったこともあり、ドライバーズランキングで17点差を追い上げることは叶わず。また、アウディがワン・ツー・フィニッシュを達成したため、マニファクチャラーランキングの逆転もならなかった。

5号車トヨタTS050ハイブリッド
5号車トヨタTS050ハイブリッド

6号車トヨタTS050ハイブリッド
6号車トヨタTS050ハイブリッド


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
友野ゆみ(とものゆみ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング