投稿日: 2017.04.24 12:23
更新日: 2017.04.24 14:52

TOYOTA GAZOO Racing 2017スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿 レースレポート


スーパーフォーミュラ | TOYOTA GAZOO Racing 2017スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿 レースレポート

2017年4月24日
トヨタ自動車

2017年全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦 鈴鹿

・中嶋一貴が完璧なポール・トゥ・ウィンで開幕戦勝利

・ディフェンディングチャンピオン国本が3位表彰台

 スーパーフォーミュラの開幕戦が鈴鹿サーキットで行われ、ポールポジションからスタートした中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)が、一度も首位の座を譲ることのない横綱相撲でポール・トゥ・ウィン。完璧なレースで開幕戦を制した。ディフェンディングチャンピオンの国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)が3位表彰台を獲得した。

 4月21日(金)から23日(日)にかけて、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラの開幕戦「鈴鹿2&4レース」が開催された。

 トヨタはこのスーパーフォーミュラが新規定となった2014年から「トヨタRI4A」エンジンを供給。以来、3年連続でチャンピオンを獲得してきた。今年は更に開発を進めたトヨタRI4Aエンジンを6チーム11台に供給。4年連続チャンピオンを目指す。

 今大会は総距離200kmとやや短めの設定だが、最低1本以上のタイヤ交換が義務づけられ、戦略的にも注目の集まる一戦となった。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング