2017.10.22

スーパーフォーミュラ:TOYOTA GAZOO Racing 2017年第7戦鈴鹿 予選レポート


スーパーフォーミュラ | スーパーフォーミュラ:TOYOTA GAZOO Racing 2017年第7戦鈴鹿 予選レポート

2017年全日本スーパーフォーミュラ選手権 第7戦鈴鹿 予選

スーパーフォーミュラ最終戦は荒天により予選のみで中止
石浦宏明が2度目のシリーズチャンピオンを獲得

 スーパーフォーミュラ最終戦は接近中の台風21号の影響により、土曜日の予選は行われたものの、日曜日に予定されていた決勝レースは中止に。この結果、石浦 宏明(P. MU / CERUMO・INGING)が自身2度目となるスーパーフォーミュラチャンピオンに輝いた。

 この週末、サーキットは超大型の台風21号の接近に伴い、前日金曜日の専有走行からウェットコンディション。21日(土)に予定されていた予選が悪天候のため行われなかった場合は、予選前フリー走行のタイムでグリッドが決定されることとなり、朝9時10分開始のフリー走行から激しいアタックが繰り広げられ、クラッシュや赤旗が頻発。セッションスタートからまもなく中嶋一貴がスプーンコーナーでクラッシュするなど、合計4回の赤旗中断という荒れた展開で終了した。

アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM'S)
アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)

 21日(土)午後1時55分、予定よりも5分遅れでQ1(20分間)が開始。しかしセッション開始と同時に雨が猛烈に強さを増し、開始2分半過ぎに赤旗。ほとんどの車両が1周も出来ないまま一旦ピットへ戻ることに。

 40分近い中断の後、午後2時40分にQ1が再開されたが、アタック開始直後にランキング3位で逆転タイトルを目指すフェリックス・ローゼンクヴィスト(SUNOCO TEAM LEMANS)が1コーナー入り口の川のように水が流れている部分で足をすくわれコースオフ。ローゼンクヴィストはここで予選アタックを諦めることとなり、ノータイムで最後尾グリッドが確定してしまった。

 これにより出された赤旗から、午後2時50分に再開。少しでも良いコンディションでアタックすべく、ピットロードから激しいポジション争いとなる中、今度は小林 可夢偉(KCMG)が1コーナーでコースオフ。すぐに自力でコースへ復帰したが、これで予選3度目の赤旗が出された。

 午後3時にセッションが再開されると、僅差のランキング首位でタイトルを争っている石浦が先頭でアタックを開始し、ヘビーウェットのコンディションをものともせず懸命のアタック。まずトップタイムをマークすると、これをロッテラー、中嶋一貴らが塗り替えていった。

 もしQ2以降が行われなかった場合、Q1のベストタイムでレース1のグリッド、セカンドベストタイムでレース2のグリッドが決定されるため、各車アタックを続行。ロッテラーは更にタイムを更新するペースで走行を続けたが、シケイン進入で他車に阻まれる形となり、シケインをショートカット。翌周のアタックに賭けたが、その直後に他車が1コーナーでコースオフ。これにより予選4度目の赤旗 が出され、セッションはその時点で終了。予選もQ1のみで終了することが決定された。

アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM'S)とヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)
アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)とヤン・マーデンボロー(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

 この結果、ベストタイムをマークしたロッテラーがレース1で2015年の最終戦以来、2年ぶりのポールポジションを獲得。中嶋一貴が3番手。石浦が4番手。

 セカンドベストタイムはアタック出来なかったドライバーも多く、大きく顔ぶれが変わることとなり、レース2はルーキーのヤン・マーデンボローがキャリア初のポールポジションを獲得。中嶋一貴が5番手となった。

 予選後、午後5時15分に、翌22日(日)に予定されていた決勝レースを含む全ての走行セッションが中止となることが決定。これにより、今季のスーパーフォーミュラのドライバーズタイトル争いでは、0.5ポイント差で逃げ切った石浦が2年ぶり2度目のドライバーズチャンピオンに輝き、P. MU / CERUMO・INGINGが2年連続のチームタイトルを獲得することとなった。


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

apr Lightning Stars
佐々木萌香(ささきもえか)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング