投稿日: 2016.05.28 10:44
更新日: 2016.05.28 16:25

可夢偉、高速コーナーでクラッシュも自力脱出。SF練習走行はホンダ勢が上位独占


スーパーフォーミュラ | 可夢偉、高速コーナーでクラッシュも自力脱出。SF練習走行はホンダ勢が上位独占

2016年の全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦が岡山国際サーキットで開幕。予選前に行われるフリー走行で、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムをマークした。

 前日の専有走行は真夏のような暑さの中で行われ、昨年の岡山覇者である石浦がトップタイムをマークしていたが、予選日は一転して曇り空。終盤には雨粒も確認されるほど不安定な天気となったが、終始ドライコンディションで走行が行われた。

 セッション開始早々からピットレーン出口でスタート練習を行うマシンも見られる中、前日トップタイムの石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)やチームメイトの国本雄資らがタイムを削っていく。アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)がいち早く1分15秒台に突入しトップタイムをマーク。

 さらに、伊沢拓也(REAL RACING)が1分15秒007でロッテラーを上回り逆転。前日のタイムを一気に更新したうえに、翌周には1分14秒723にまでタイムを削った。伊沢に続くのはストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、石浦、小暮卓史(DRAGO CORSE)、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)という顔ぶれが並び、ここから国本、ベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)、小林可夢偉(SUNOCO TEAM LEMANS)らが自己ベストタイムを更新し、トップ4台が1分14秒台のタイムを記録した。

2016スーパーフォーミュラ第2戦岡山 小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)
2016スーパーフォーミュラ第2戦岡山 小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)

 セッション中盤までは各車が順調に走行を続けていたが、残り時間が25分を切ったころ、可夢偉が2コーナー先でリヤを滑らせてコントロールを失い、コースオフ。クラッシュパッドに激しくヒットし、この週末初めての赤旗中断となった。可夢偉は自力でマシンを脱出して大事には至らなかった様子。

 可夢偉のクラッシュから5分後にセッションが再開。ここで新品タイヤを投入してアタックラップに入るマシンが現れ始めた。セッション再開してすぐ、中山雄一(KCMG)がアトウッドカーブの先でコースサイドにマシンを止めたため、イエローフラッグが振られることになったが、残り時間が10分ほどになるとコース上はクリアとなり、各車が続々と自己ベストタイムを更新していった。
 
 この時点でトップタイムをマークしていたのは中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)で、以下ナレイン・カーティケヤン(SUNOCO TEAM LEMANS)、伊沢、野尻と続いていたが、まずタイムを上げていったのは山本尚貴(TEAM 無限)で、1分13秒944をマークしトップタイムに。バンドーンも1分14秒219で山本に続くが、直後にチームメイトの野尻が1分13秒640で山本を上回りトップを奪取。

さらに伊沢が1分13秒762で2番手につけ、小暮が伊沢に僅差の1分13秒840で3番手に。小暮はさらに速いペースでセクター1を自己ベストタイムで回っていたが、そのままピットに戻ったためタイム更新はならず。以下塚越、山本、バンドーン、大祐までの上位7台がホンダエンジンユーザーとなり、8番手のジェームス・ロシター(KONDO RACING)がトヨタエンジンユーザーでのトップとなった。


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング