F1 ニュース

投稿日: 2016.05.27 18:54
更新日: 2016.05.27 18:55

ロン・デニス、バンドーンの“横取り”を目論むライバルチームを牽制


F1 | ロン・デニス、バンドーンの“横取り”を目論むライバルチームを牽制

 マクラーレンのロン・デニスが、リザーブドライバーのストフェル・バンドーンがチームを離れることはないと明言し、「横取り」を目論むライバルチームを牽制した。

 今月初め、バンドーンは自分の将来に「いくつかのチームが関心を示している」と述べたが、第一の目標はあくまでマクラーレンのドライバーとして来季のグリッドにつくこと、と強調した。

 マクラーレンは、フェルナンド・アロンソとは2017年までの契約を交わしている。しかし、バトンとの現在の契約は今季末までだ。マクラーレン・グループのCEOを務めるデニスは、来年のドライバーラインナップはまだ決めていないと主張し続けるいっぽうで、ライバルチームがバンドーンに触手を伸ばすのを防ぐため、予防線を張っておこうと考えたようだ。

「ストフェルはズバ抜けた才能を持ち、知的で努力をいとわない若者だ。彼には計り知れない潜在能力があり、さらに重要なこととしてレースの勝ち方を知っている。マクラーレン・ホンダの将来の計画の一部として、彼は必要不可欠な存在だ。彼を横取りできると考えているチームがあるとしたら、それは大きな思い違いと言うほかない」

「2017年のドライバーラインナップに関しては、まだ決めてもいないし、公言する段階でもない。だが、確実に言えるのは、ストフェルを売りに出すつもりはまったくない、ということだ」

 昨年のGP2チャンピオン、バンドーンは、今季はホンダのコネクションを利用して、日本のスーパーフォーミュラに参戦している。また、負傷したアロンソの代役としてF1デビューを果たしたバーレーンGPでは、予選順位でバトンを上回り、決勝でも10位に入ってマクラーレンの今季初ポイントを獲得する見事な活躍を見せ、人々を大いに感心させた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
安田七奈(やすだなな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング