レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

投稿日: 2021.04.05 10:43
更新日: 2021.04.05 12:10

トヨタ 2021スーパーフォーミュラ第1戦富士 レースレポート

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


スーパーフォーミュラ | トヨタ 2021スーパーフォーミュラ第1戦富士 レースレポート

2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦富士
平川亮が4位フィニッシュ
今季からフル参戦の宮田莉朋と阪口晴南が7位、9位入賞

 スーパーフォーミュラの開幕戦が富士スピードウェイで行われ、平川亮(carenex TEAM IMPUL)がトヨタ/TRDエンジン搭載車最上位となる4位でフィニッシュ。今季からフル参戦となった宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)と阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)がそれぞれ7位、9位でポイント獲得を果たしました。

 4月3日(土)と4日(日)の両日、静岡県の富士スピードウェイで全日本スーパーフォーミュラ選手権の第1戦が行われました。

 昨年は新型コロナウイルスの影響により大幅に開幕が遅れた同シリーズでしたが、今季は例年通り4月からシーズンが開幕。感染対策に十分な配慮をした上で、有観客で開幕戦が開催されました。

 今季の同シリーズには、6チーム11台がトヨタ/TRD 01Fエンジンを搭載してエントリー。このうち4チームは昨年同様のドライバーラインナップとなりますが、Kuo VANTELIN TEAM TOM’Sの37号車は、昨年スーパーフォーミュラ・ライツで初年度チャンピオンとなった宮田がステップアップ。加えて、P.MU/CERUMO・INGINGの39号車も阪口が新たに加わります。

 今季のスーパーフォーミュラは、昨年とは異なり、土曜日に予選、日曜日に決勝を行うフォーマットに戻される他、オーバーテイクシステムを使える時間が1レースあたり100秒から200秒に増やされ、さらなる激しいバトルが期待されます。

 また、ポイントシステムについても昨年から採用された、予選トップ3へのポイント付与及び決勝は10位までポイント獲得というシステムを踏襲。今季も全7戦中5戦の有効ポイント制で争われます。

 今大会、シリーズにエントリーしている小林可夢偉(KCMG)は海外戦後の自己隔離期間、そしてサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)は入国が叶わなかったため欠場となり、それぞれ小高一斗と中山雄一が代役として出場しました。

■次のページへ:予選


関連のニュース