スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.04.13 20:30

30号車TOYOTA PRIUS apr GT スーパーGT第1戦 レースレポート


スーパーGT | 30号車TOYOTA PRIUS apr GT スーパーGT第1戦 レースレポート

2017年4月13日
プレスリリース

2017 AUTOBACS SUPER GT ROUND 1 OKAYAMA GT 300KM RACE

開催地:岡山国際サーキット(岡山県)/3.7031km
4月8日(予選) 天候:曇り コースコンディション:ドライ 観客数:9700人
4月9日(決勝) 天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:1万7300人

佐々木孝太がQ1で3番手。高まる期待も予選、決勝ともにアクシデントで無念の結果に…

 岡山国際サーキットを舞台に、スーパーGTシリーズの開幕戦、「OKAYAMA GT300km RACE」が4月8~9日に開催された。全8戦での開催が予定されるシリーズに、今年もaprは2台のトヨタプリウスZVW51を走らせ、「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」を昨年に引き続き、永井宏明選手と佐々木孝太選手に託すこととなった。

 さて、2年目となる現在のプリウスであるが、このオフにリヤフェンダーやサイドのエアダクトといったエアロパーツ、エンジンの冷却ボックスと吸気ボックスの改良を行うとともに、ブレーキペダルやステアリング形状を改めて、よりスムーズにドライビングできるように配慮されている。

 そのマシン同様、スーパーGTではコンビを組んで2年目となる永井選手と佐々木選手だが、やはりふたりで戦っているスーパー耐久では、合算タイムで決める予選でポールポジションを獲得。コンビとしての精度は飛躍的に高まってきた。

TOYOTA PRIUS apr GT 2017スーパーGT第1戦岡山
TOYOTA PRIUS apr GT 2017スーパーGT第1戦岡山

 それだけにスーパーGTにおいても、今年はコンスタントな入賞が望まれるところである。開幕戦の舞台となる岡山国際サーキットは、中低速コーナーの多いテクニカルコースではあるが、その印象以上にストップ&ゴーの要素も強く、エンジンパフォーマンスに定評のあるFIA-GT3に得意なコースとされてきた。

 ただ、このオフの間に路面改修を行い、コンディションは飛躍的に向上している。プリウスを筆頭とするJAF-GTの持ち味である旋回速度の向上にもつながるだけに、ジンクスを打ち崩してくれることが期待された。

公式練習 4月8日(土)9:00~10:35

 初の走行となる土曜日午前の公式練習は、あいにくのウェットコンディションからのスタートとなった。雨はもうやんでいることから、徐々に路面が乾いていくことは明らか。

 ただし、この後の予選で再び雨に見舞われる可能性もあったため、まずはウェットセットも詰めていくこととなった。

 佐々木選手が初に「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」に乗り込み、コースオープンと同時にピットを離れていく。まずはアウト~インでチェックを行い、状況を伝えた後に本格的な走行を開始する。やはりというべきか、周回を重ねるごと路面状態の回復とともに佐々木選手はタイムを詰めていき、いったんピットインを挟んだ後に、1分37秒598を記録する。

 それからはドライセットに切り替えるとともに、コンディションの回復をピットで待つこととなった。まもなく1時間が経過しようという時、車両回収のため赤旗が出され、計測が中断。路面はほぼ乾いていたこともあり、再開後に「#30 TOYOTA PRIUS apr GT」は、いよいよドライタイヤを装着する。

 その結果、佐々木選手は1分28秒561へと大幅な短縮を果たし、ラスト10分のGT300単独走行セッションに永井選手をコースに送り出すこととなった。

 佐々木選手から的確なインフォメーションを与えられていることもあり、永井選手は計測2周目には1分28秒台に乗せて、それから2周後には佐々木選手のタイムを上回る、28秒424をマークすることに。

 さらに永井選手は、この後に行われたサーキットサファリも開始と同時に走行し、しっかりとマイレッジも稼ぐこととなった。


本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング