スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.05.08 16:16

SUBARU BRZ R&D SPORT スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | SUBARU BRZ R&D SPORT スーパーGT第2戦富士 レースレポート

2017.05.04 − SUPER GT 第2戦 富士スピードウェイ・決勝

SUBARU BRZ GT300、シーズン初の完走を果たす

https://www.subaru-msm.com/2017/sgt/report/rd2/r170504

 富士スピードウェイで5月4日(木・祝)に行われたSUPER GT第2戦『FUJI GT 500km RACE』で、予選6番手からスタートしたSUBARU BRZ GT300(井口卓人/山内英輝)は、101周を走り13位という結果でレースを終えることとなりました。

ライバル勢のストレートスピードに苦戦

 ゴールデンウイークのまっただ中、多くの観客が詰めかけた富士スピードウェイは好天に恵まれ、気温は19度、路面温度29度という状況で第2戦の火蓋が切って落とされました。スターティングドライバーを務めるのは開幕戦同様、山内です。この第2戦は500kmレースのため、ピットストップは2回行われます。そのタイミングをどうするか、タイヤは何本交換するか、チームは綿密な作戦を立ててレースへと臨みました。

 順調なスタートを切った山内でしたが、ライバル勢の出足も良く、序盤で一時12番手までポジションを落としてしまいます。しかし山内は粘り強く安定した走りで周回を重ね、32周を終え8番手まで順位を回復。その段階でピットに入り、タイヤ交換と給油を実施、井口へとステアリングを託します。チームはこの段階でタイヤを4本とも交換、井口を中盤戦へと送り出します。

 SUBARU BRZ GT300は24番手で戦列に復帰。井口は山内とほぼ同じく安定したタイムで周回を重ねていきます。冷静なブレーキング勝負で前車をパスするシーンも見せ、上位陣のピットインや脱落も含め、67周を終えて山内に交替する頃には再び8番手まで浮上しています。ここでチームはピット作業時間の短縮を狙い、給油とリヤタイヤ2本のみを交換する作戦を実施。最短時間で山内をコースへと送り出すことに成功します。最終走者をまかされた山内は残りの30周あまりをきっちりとまとめ、17番手から13位まで順位を上げて、チームは今季初の完走を果たしました。

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT
2017 SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
2017 SUBARU BRZ GT GALS BREEZE


本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング