スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.04.10 17:28
更新日: 2018.08.16 16:08

SUBARU BRZ R&D SPORT スーパーGT第1戦岡山 決勝レポート


スーパーGT | SUBARU BRZ R&D SPORT スーパーGT第1戦岡山 決勝レポート

2017/4/9~10
Rd.1 岡山国際サーキット
OKAYAMA GT 300km RACE

予選:6位/決勝:リタイア/チームランキング:-/ドライバーランキング:-

2017.04.09 スーパーGT第1戦 岡山国際サーキット・決勝

SUBARU BRZ GT300、残念なリタイアに終わる

 4月9日(日)に岡山県美作市の岡山国際サーキットで開催されたスーパーGT 第1戦『OKAYAMA GT 300km RACE』において、6番グリッドからスタートしたSUBARU BRZ GT300(井口卓人/山内英輝)は、レース中盤に起きたトラブルのためリタイアに追い込まれました。

 ただし、マシンのパフォーマンスが高いことは確認できたので、チームは今後の追い上げに全力で取り組むことになります。

序盤から猛チャージを見せた山内

 ときおり霧雨がぱらついた昨日とは打って変わり、決勝日は曇りがちながらも雨が降ることのない空模様となりました。

 昨年まで決勝日の午前中に行われていたフリー走行は、「天候の急変により無駄になることもあるので、直前のウォームアップ走行時間を延ばしてほしい」というエントラント側の声を受け、今シーズンから実施されないこととなりました。

SUBARU BRZ R&D SPORT 2017スーパーGT第1戦岡山
SUBARU BRZ R&D SPORT 2017スーパーGT第1戦岡山

 これを受け、従来の8分間から20分間に時間を延長して行われたウォームアップ走行でマシンの最終チェックを行ったチームは、スターティングドライバーの山内にステアリングを委ね、SUBARU BRZ GT300を6番グリッドにつけます。

 昨日よりやや涼しい気温17℃、路面温度19℃というコンディションのもと、フォーメーションラップを迎えようとしたところ、GT500クラスの車両に次々とトラブルが発生。

 このため赤旗が提示され、あらためてセーフティカーに先導されてスタートすることとなりました。また、これに伴い、レース周回数は82周から81周に減算されています。

 3周目が終わったところでセーフティカーは退去し、いよいよレースがスタート。山内は序盤から積極的なレースを展開し、5周目にはライバルの攻略に成功して5番手に浮上します。

 その後も赤旗、セーフティカー先導での再スタートを経て、山内は17周目にも直前のライバルをオーバーテイク。4番手へと順調に駒を進めます。

SUBARU BRZ R&D SPORT 2017スーパーGT第1戦岡山
SUBARU BRZ R&D SPORT 2017スーパーGT第1戦岡山

 26周を迎えたころからGT300クラスの上位陣がピットインしはじめ、29周目で山内は暫定首位に浮上します。SUBARU BRZ GT300も、その3周後にピットストップ。

 前半を戦い終えた山内は「スタートしてからポジションも上げられましたし、周囲のマシンと比べてもペースは良かったので、そのまま井口選手に渡したかったのですが、タイヤからのバイブレーションがひどく、何か起きる前にピットに入った方がいいと思い、ほぼミニマムの周回数で入らせてもらいました。次に向けていい部分も悪い部分もあったので、速さはまだまだ出せると思います」とレースの様子を振り返りました。

悔しさをバネに、第2戦富士に挑む


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング