スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.04.30 15:49

GAINER TANAX AMG GT3 スーパーGT第1戦岡山 レースレポート


スーパーGT | GAINER TANAX AMG GT3 スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

シーズンを考える上で、貴重な8ポイントをゲット!

#11 GAINER TANAX AMG GT3
Katsuyuki HIRANAKA / Bjorn WIRDHEIM

予選:5位 決勝:4位
入場者数/予選日:9,600人・決勝日:19,000人

4月9日(土曜日)
公式練習 9:00~10:35 天候:曇/コース状況:ドライ Pos.7
サーキットサファリ 11:00~11:20 天候:曇/コース状況:ドライ -
ノックアウト予選 1回目 14:50~15:05 天候:曇/コース状況:ドライ Pos.11
ノックアウト予選 2回目 15:35~15:47 天候:曇/コース状況:ドライ Pos.5

 いよいよ待ちに待ったSUPER GTの2016年シーズンが岡山県美作市の岡山国際サーキットで幕を開けた。昨年10号車のGAINER TANAX GT-RがシリーズのWタイトルを獲得し、GAINERは2年連続でTeamタイトルを獲得。今年は3年連続のTeamタイトルと2年連続のドライバーズタイトルを目指して戦う。

 チャンピオンを獲得した10号車は、チャンピオンナンバーの0号車で昨年同様GT-Rで参戦。11号車はMercedes AMG-GT3の新車を投入する。11号車のマシンは2月初めに到着し、岡山国際サーキットでシェイクダウンを行っている。

 薄曇りの中、走り出しは平中克幸から。無線チェックも兼ねてアウトインで走行を開始。路面状況はFIA-F4の走行後は良くなく、ある程度ラバーが乗ってからセットアップに入る。アンダーステアがあり、前後の足回りの調整を行う。その後9時50分にBJORN WIRDHEIMと交代。BJORNはタイヤの比較をし、走行を終えた。

 予選はオンタイムで開始された。Q1を担当するのは、BJORN。少し待機してからコースへ。タイムを徐々に上げていく。計測3周目には暫定の2番手のタイムを計測。しかし、他車はQ1でも昨年のコースレコードを更新する勢いでのアタックが続き、結局11番手でQ2に駒を進めた。

 Q2は平中が担当。やはり少しウエイティングをしてから、アタックに入る。計測4周目にコースレコードを塗り替える1’26.112のタイムを出すが、それ以上に、昨年のレコードを1秒も上回る車両もあり、明日は5番手からのグリッドが決まった。

平中 克幸ドライバーコメント
予選は思っていた以上に苦戦してしまいました。決勝はどうなるかわからないし、僕たちのチョイスしたタイヤはロングよりのタイヤなので、しっかりと自分たちのレースをして、良い結果に繋げたいと思っております。

Bjorn WIRDHEIMドライバーコメント
予選は5番手でした。午前中にもNewタイヤを履いてテストしたが、Q1の僕が担当して時は、あまり路面とマッチしてなかった。でも5番手のポジションをKATSUが獲得したことは、良いポジションだと思う。選んだタイヤはロングでは良いし、上位のポジションのマシンはきっとソフト目のタイヤを選んでると思うので、明日の決勝はタイヤをセーブしながらトップ3を、優勝を目指すよ。


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング