スーパーGT ニュース

2017.08.09

TEAM IMPUL 2017スーパーGT第5戦富士 レースレポート


スーパーGT | TEAM IMPUL 2017スーパーGT第5戦富士 レースレポート

諦めない走りで掴んだ今季最上位!

弾みを付けて鈴鹿1000kmへ

No.12 カルソニックIMPUL GT-R
安田裕信/ヤン・マーデンボロー

 今季4戦が終了し、予選最高位9位・決勝最高位7位と奮わない中迎えたシーズン折り返しの第5戦は富士スピードウェイでの300kmレース。昨年のこのラウンドではポールtoウィンを成し遂げているためにチーム得意のサーキットで一矢報いたいところ。安田裕信は昨年同様の結果を求め、ヤン・マーデンボローもGT500クラス初表彰台を目指し戦いました。

8/5(土)公式予選

天候:曇り
コース:ドライ
気温/路面温度:27℃/33℃(Q1開始時)27℃/35℃(Q1終了時)
観客動員数:2万1600人
GT500クラスQ1 14:55~15:10

 曇り空に覆われた上空ながらも、朝からムシムシと非常に蒸し暑い1日となった富士スピードウェイ。ピットウォーク時には一瞬小粒の雨がぱらついたものの、本降りの雨とはならず予選が始まりました。GT500クラスノックアウト予選Q1は定刻の14時55分に開始。Q2へ進出できる上位8位以内を目指し、今回は安田裕信がQ1アタッカーを担当しました。

 15分で行われるQ1、アタック開始後前半はいつものようにピット内で待機しコースインのタイミングを見計らいます。残り時間10分でピットアウトするマシンも出始め、ピットロードにマシンを出すなど全車が一斉に動きを見せます。

 カルソニックIMPUL GT-Rの安田裕信は残り時間8分を切るところでピットアウトしました。午前中に行われたフリー走行でも15台全車が拮抗したタイムとなり、非常に厳しい予選となることが予想されましたが、予選でもその様相は変わらず。

 安田は計測ラップ全4周の中で徐々にタイムを刻んでいき最終4周目で1分29秒964をマークするも上位8位に滑り込むことが出来ず。Q1敗退となり、ヤン・マーデンボローへ繋ぐことは出来ませんでした。

 その他、予選日にはグランドスタンド裏イベント広場のカルソニックブース(シーケー販売株式会社様)での監督・ドライバーサイン会等のイベントも開催され、カルソニックグッズや好評発売中の「星野一義FANBOOK」(モーターマガジン社)をお買い上げいただいた方が長蛇の列を作り、大盛況となりました。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング