スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.08.28 01:01

スーパーGT:LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2017年第6戦鈴鹿 決勝レポート


スーパーGT | スーパーGT:LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2017年第6戦鈴鹿 決勝レポート

LEXUS TEAM ZENT CERUMO

2017 AUTOBACS SUPER GT Report
48th INTERNATIONAL SUZUKA 1000km
第6戦 鈴鹿サーキット

ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明

◆8月27日(日) RACE
決勝結果 10位

<公式予選>天候:晴れ コース状況:ドライ

 思わぬマシンの不調に苦しめられた予選から一夜明け、SUPER GT第6戦鈴鹿1000kmは決勝日を迎えた。好天にも恵まれ、朝から非常に多くのファンがサーキットを訪れ、観客動員数は過去最高となる4万5000人という数字となった。

 LEXUS TEAM ZENT CERUMOはそんなレースで少しでも上位フィニッシュを果たすべく、考え得る打開策をZENT CERUMO LC500に施し、午前11時55分からのウォームアップ走行を迎えた。チームは立川祐路にステアリングを託し、2回ピットインをしながら改良を進め、1分52秒821というベストタイムをマークした。

 気温30度という酷暑のなかで迎えたスタートで、ZENT CERUMO LC500のステアリングを握ったのは立川。序盤からGT500クラスの上位陣が混戦を展開するなか、立川はウォームアップ走行で得られたデータをもとに改善されたZENT CERUMO LC500を駆り、13番手で周回を重ねていく。このレースは5回のピットインが義務づけられているが、GT500クラスでは多くのチームが近いタイミングでのピットイン作業を行う展開。立川もランキング上位を争う#23 GT−Rや#37 LC500と同様、28周を終えピットイン。石浦宏明に交代した。

 石浦は前を走るライバルたちにペースでも遜色はなく、ピットインで順位を上げ10番手で周回を重ねていくが、39周目に前を走るライバルをスプーンカーブで抜こうとする際、ヒットされてしまいスピンを喫する。幸い、すぐにリスタートすることができ、3つポジションを下げたものの、途中セーフティカーが入ったこともあり中団グループは接近しており、リカバリーは可能かと思われた。

ZENT CERUMO LC500


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング