スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.05.07 05:55
更新日: 2018.05.07 14:02

LEXUS TEAM SARD スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | LEXUS TEAM SARD スーパーGT第2戦富士 レースレポート

DENSO KOBELCO SARD LC500

第2戦富士、殊勲の2位表彰台を獲得!

SUPER GT 第2戦富士レポート

2018 SUPER GT 第2戦『FUJI GT 500km RACE』(5/3-4)
富士スピードウェイ(1周4.563km)
入場者数:予選3万1300名、決勝5万5000名 合計8万6300名

 5月4日(金・祝)、SUPER GT第2戦『FUJI GT 500km RACE』の決勝が行われ、剛毅果断に5番グリッドから勝利を目指していったDENSO KOBELCO SARD LC500は、スタートを担当したヘイキ・コバライネンが序盤にレース巧者ぶりを発揮。上位を華麗にオーバテイクして23周目にレースリーダーに。

 37周を終え1回目のピットで素早い作業と坪井の渾身の走りでトップを堅守。坪井翔はその後もトップペースで走行して後方から追いすがる23号車を見事に抑え魅せる走りで躍動。まさに第2スティントはショウタイムとなった。

 75周を終え2回目のピットを敢行。ミス無く1回目同様に素早いピットワークでヘイキを送り出したが、1周遅く定石通りピットインした23号車のインラップ、ピットワーク、アウトラップの一連のトータルタイムで逆転を許してしまう。それでも食いついていったヘイキは懸命に追いかけ一進一退の攻防。だが、あと一歩及ばずチェッカーに。DENSO KOBELCO SARD LC500は、二人のドライバーが素晴らしい速さをみせて殊勲の2位表彰台を獲得となった。

 ドライバーズポイントでは15点を獲得(計15点)、チームポイントでは18点を獲得(計21点)し、それぞれランキング4位に浮上した。復調の勢いに乗って迎える次の第3戦は5月19日(土)・20日(日)に鈴鹿サーキットにて行われる。

 開幕戦は最後尾からの追い上げを見せたDENSO KOBELCO SARD LC500。開幕から約1ヶ月。ゴールデンウィーク恒例の開催となる第2戦は、今シーズン行われる2大会とも長距離となった富士スピードウェイが舞台。シリーズダッシュを決めたライバル勢についていくためにも最大得点を稼いで一気に形勢を逆転させたいところ。

 公式予選はノックアウト方式(Q1、Q2)で、決勝は約3時間に及ぶ長丁場の500kmで争われる。ドライバー交代を伴うピットストップは2回が義務付けで、我々のウェイトハンディは0kg。

 今回は第2ドライバーに、WEC第1戦スパ6時間に出場するためSGT第2戦を欠場する小林可夢偉選手の代役として、全日本F3選手権やGT300クラスで著しい活躍を見せる坪井翔選手を起用する。また笠井昭則エンジニアが加わわり、松田久エンジニアとコンビを組む布陣。

 既報の通り、講談社ヤングマガジン連載中の『MFゴースト』とコラボし、『MFゴースト』ロゴをレース車両に貼付。作中の『MFGエンジェルス』が実際に登場する。


本日のレースクイーン

Moduloスマイル
永原芽衣(ながはらめい)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング