スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.08.29 13:43

SUBARU BRZ R&D SPORT スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | SUBARU BRZ R&D SPORT スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート

2016.08.28 – SUPER GT第6戦 鈴鹿ラウンド・決勝
 

SUBARU BRZ GT300、今季初優勝を達成!

 鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で8月28日(日)に開催されたSUPER GT第6戦『45TH INTERNATIONAL SUZUKA 1000km』にて、SUBARU BRZ GT300(井口卓人/山内英輝)は4番グリッドからスタートし、GT300クラス優勝を獲得しました。第4戦スポーツランドSUGO(宮城県)、第5戦富士スピードウェイ(静岡県)と2戦連続の3位表彰台に続き、念願のシーズン初優勝にチームは沸き立ちました。

 

ピット戦略と走りが噛み合ったレース展開

 決勝日の28日(日)、鈴鹿サーキットの天候は雨。時折雨足の強くなる状況が続き、難しいコンディションでのレースとなることが予想されました。昼過ぎにかけて雨はやや弱まりましたが、12時30分のレーススタートに向けてグリッドに整列した段階でもコースは湿っており、チームはスタート直前までタイヤ選択に頭を悩ませることとなりました。思案の末、グリッド上でタイヤ交換を行い、SUBARU BRZ GT300はスリックタイヤでスタート。ステアリングを握った山内は、1周目で前を行く2台をかわし、2番手に浮上して快調に周回を重ねます。

 山内は2番手を守ったまま25周を終え、最初のピットイン。チームは給油とタイヤ交換、ドライバー交代を済ませ、井口をコースへと送り出します。しかし井口はアウトラップで追突されてしまいスピン。幸いマシンへのダメージはなかったものの、井口は大きく順位を落としてしまい、20番手からの追い上げを強いられることとなりました。一度は諦めかけたという井口ですが、その後も辛抱強く走り続け6番手まで浮上。途中雨に見舞われるシーンもありましたが、53周を終えて山内へとバトンを渡します。チームはここでフロントタイヤを換えずにピットタイムを短縮する作戦に出ます。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

ACRE&SPIRIT
水瀬琴音(みなせことね)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング