スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.10.30 17:00
更新日: 2018.10.30 18:26

31号車TOYOTA PRIUS apr GT 2018スーパーGT第7戦オートポリス レースレポート


スーパーGT | 31号車TOYOTA PRIUS apr GT 2018スーパーGT第7戦オートポリス レースレポート

2018 AUTOBACS SUPER GT ROUND7
オートポリス
開催地:オートポリス(大分県)/4.674km
10月20日(予選)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:1万0550人
10月21日(決勝)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:2万0380人

予選はまさかの最下位、戦略的なピットスタートからのレース開始

しっかりと追い上げて、10位でゴール!王座獲得に希望をつなぐ

 全8戦で争われるスーパーGTシリーズの第7戦、『AUTOPOLIS GT300km RACE』がオートポリスで開催された。今年もaprは2台のトヨタプリウスZVW51を走らせ、『#31 TOYOTA PRIUS apr GT』を、新たにコンビを組むことになった、嵯峨宏紀選手と平手晃平選手に託すこととなった。

『#31 TOYOTA PRIUS apr GT』の第2戦からの連勝記録は、前回のスポーツランドSUGOで接触が引き金となったクラッシュによって『4』でストップしたが、タイトルを争い合うライバルの多くが下位に沈んだこともあり、ランキング2位は依然としてキープし続けている。

 前回は90kgものウエイトハンデが予想以上に大きく影響を及ぼし、予選は12番手に留まった一方で、リタイアするまで入賞圏にあと一歩のところを走行。今回はウエイトハンデが半減し、45kgとなったからには再びの大暴れは必至。ノーハンデの戦いとなる最終戦に、王座獲得の権利を残して臨むことが期待された。

公式練習10月20日(土)9:00~10:38

 オートポリスは阿蘇の山あい、標高900mに位置するサーキットとあって、天候の変わりやすいことで大いに知られているが、このレースウイークは雨の心配こそなさそうだが、晴れたり曇ったりを何度も繰り返していた。

 曇れば寒いぐらいだが、陽がさせば着ていた上着を脱ぎたくなるほどで、とにかく寒暖差が激しかった。最初の走行となる土曜日の公式練習は上空が雲で覆われ、気温11度、路面温度は15度しかなく、この時期としてはミニマムともいえるコンディションではあった。

 今回も最初に、『#31 TOYOTA PRIUS apr GT』に乗り込んだのは嵯峨選手。いつものようにコースオープンと同時に走行を開始し、チェックのみ行ってすぐピットに戻ってくる。最初のセットアップは入念に15分ほど行ってから、本格的な走行を開始。

 とにかく温度は低いから入念にウォームアップを行った後、まずは予選シミュレーションに取りかかることに。嵯峨選手は1分44秒294をマークして、その時点での3番手につけることとなった。それから3周後にピットに戻り、開始から40分ほど経過したところから平手選手の走行に。

 計測3周から4周で刻んで、そのたびピットでセットは詰められていく。そして、間もなくGT300専有走行のタイミング、というところで赤旗が出されて計測は中断。ちょうど平手選手はピットに戻ろうとした時だったので、特に支障を来すことはなかったのは何よりだった。

 ちなみに、それまでの平手選手のベストタイムは1分44秒562。すぐに再開され、そこからは再び嵯峨選手の走行に。そして、そのままチェッカーが振られるまで走り続けていた。最終的な公式練習の順位は5番手だった。

 続けて行われたサーキットサファリで、決勝セットの最終確認が行われ、前半は嵯峨選手が担当し、後半は平手選手が担当した。それぞれのベストタイムは1分47秒607と1分47秒326。5番手につけ、ドライバーふたりのバランスの良さも、今回の武器となりそうだった。


本日のレースクイーン

Tom’s
近藤みやび(こんどうみやび)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング