スーパーGT ニュース

2019.03.11

住友ゴム、2019年度ダンロップ&ファルケンのモータースポーツ活動計画を発表


スーパーGT | 住友ゴム、2019年度ダンロップ&ファルケンのモータースポーツ活動計画を発表

2019年3月11日
プレスリリース

2019年度 モータースポーツ活動計画を決定

 住友ゴム工業(株)は、2019年度のモータースポーツ活動計画を決定しました。本年も国内外においてトップクラスのカテゴリーから入門レースや参加型競技まで幅広いカテゴリーにタイヤ供給を行い、DUNLOP(ダンロップ)、FALKEN(ファルケン)ブランドのさらなる価値向上とタイヤ開発力の強化を目指すとともに、車を楽しむファンを支え、モータースポーツの裾野を広げます。
 

1.四輪モータースポーツ活動
○DUNLOP

国内最高峰の四輪レースのひとつであるスーパーGTを中心に活動し、GT500クラスのModulo Nakajima Racingをはじめ、GT300クラスの3チーム計4台にタイヤを供給します。

 その他、全日本ラリー選手権、全日本ジムカーナ選手権、全日本ダートトライアル選手権、全日本カート選手権などの幅広いカテゴリーでタイヤを供給し、各クラスでタイトル獲得を目指します。
 
 一方、入門フォーミュラレースであるFIA-F4選手権、F4選手権などにもワンメイクタイヤ供給を行うことで若手ドライバーの育成をサポートします。また、アマチュアドライバーも参戦する参加型競技のTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race、TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジへの協賛およびタイヤの供給を継続します。
<DUNLOP(四輪)モータースポーツ 公式WEBサイト:https://mos.dunlop.co.jp/

○FALKEN

世界一過酷なレースとも言われるドイツ、ニュルブルクリンクで開催される2019 ADAC TOTAL 24h Race (ニュルブルクリンク24時間レース)に参戦します。昨年に引き続きFALKEN Motorsportsとして、昨年総合9位で完走したポルシェ911 GT3 Rと、同じく総合15位で完走したBMW M6 GT3の2台体制で総合優勝を目指します。

 また、昨年SP3Tクラスで5度目となるクラス優勝を果たしたスバルテクニカインターナショナル(STI)へのタイヤ供給も引き続き行い、欧米を中心に高い評価を得ているFALKENブランドのさらなる価値向上を目指すとともに、モータースポーツの発展に貢献します。
<FALKEN 公式WEBサイト:http://www.falken.tires/ja/

2.二輪モータースポーツ活動
○DUNLOP

世界最高峰の二輪レースであるFIMロードレース世界選手権のMoto2およびMoto3クラスにワンメイクタイヤ供給を行い、レースに参戦するライダーの足元を支えます。FIM世界耐久選手権シリーズでは3チームにタイヤを供給し、優勝を目指します。

 モトクロスレースでは、米国で行われるAMAスーパークロスで、昨年まで10年連続全階級制覇という記録を達成しました。今年も全階級制覇を目指すとともに、モトクロス世界選手権であるMXGPでのチャンピオン獲得も目指します。
 
 国内においては、全日本ロードレース選手権をはじめ、さまざまなカテゴリーにおいて有力チーム、ライダーをサポートします。

 また、NSF100 HRCトロフィーのジュニアチャンピオンシップクラスに始まり、世界的に人気の高い250cc車両による育成型レースにワンメイクタイヤを供給することにより、日本から世界に通用するライダーを育てるための環境づくりに取り組みます。
<DUNLOP(二輪) 公式WEBサイト:https://dunlop-motorcycletyres.com/


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
熊林保奈美(くまばやしほなみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング