スーパーGT ニュース

2019.04.15

ニッサン 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート


スーパーGT | ニッサン 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

MOTUL AUTECH GT-RとカルソニックIMPUL GT-Rが表彰台を獲得

スーパーGT 2019第1戦レースレポート

4月14日 岡山国際サーキット

【GT500クラス】

 スーパーGT開幕戦の決勝レースが行われ、#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が2位、#12 カルソニック IMPUL GT-R(佐々木大樹/ジェームス・ロシター)が3位となり、2台のNISSAN GT-Rが表彰台を獲得しました。

 前日の予選では、#23 GT-Rがクインタレッリの見事なアタックでポールポジションを獲得。#12 GT-Rも佐々木大樹の走りで2番グリッドを獲得するなど、今シーズンのマシンのスピードを披露しました。決勝日はお昼前から雨が降り出し、コースはウエットコンディションに。
 
 路面状況が悪化したことから、決勝レースはセーフティカー(SC)ランでスタートすることになりました。3周のSC先導走行の後、4周目に実質的なスタートが切られ、ポールシッターの#23 GT-Rはスタートドライバーのクインタレッリが後続との差を広げにかかりました。2番手スタートの#12 GT-Rは佐々木がヘアピンコーナーで#1 NSX-GTに逆転を許しますが、離されることなく食らいついていきました。

 その直後、GT300クラスで多重クラッシュが発生し、セーフティカーが導入。10周目を終えたところでリスタートしましたが、その直後に#23 GT-Rは#1 NSX-GTに2コーナーでかわされ、さらに#12 GT-Rと#17 NSX-GTにも迫られてしまいました。バックストレートでは3台が横並びになってヘアピンコーナーへと入っていき、ここで#17 NSX-GTが先行。#23 GT-Rは3位、#12-GT-Rは4位となりました。

 13周目、再びGT300クラスで多重クラッシュが発生し、今度は赤旗が掲示されレースが中断となります。45分の中断の後、午後3時45分にSC先導でレースは再開。この時点で周回数は15周を数えており、20周目にSCが隊列を離れバトルが再開しました。
 
 #23 GT-Rは、#12 GT-Rをとらえて4位に上がっていた#8 NSX-GTと接近戦になり、ヘアピンコーナーで4位に後退しましたが、その後トップを走行していた#1 NSX-GTが追突されコースオフ。
 
 さらに同じタイミングで、GT300クラスで3度目のクラッシュが発生し、このレースで4度目のSCランとなります。その後、32周目を走行中に、この日2度目の赤旗が掲示されレースは中断。天候不良により、この赤旗中断をもってレース終了となりました。

カルソニック IMPUL GT-R
カルソニック IMPUL GT-R


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング