スーパーGT ニュース

2019.05.28

K2 R&D LEON RACING 2019スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | K2 R&D LEON RACING 2019スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート

LEON RACING
2019 AUTOBACS SUPER GT
Round.3 IN SUZUKA 300km RACE

裏目に出てしまった積極策。挽回するもノーポイントで終える

公式練習 5/25(土)8:50~
天候:晴れ 路面:ドライ 気温:25度 路面温度:31度

 スーパーGT第3戦の舞台は、三重県にある鈴鹿サーキット、2017年に、黒澤治樹選手と蒲生尚弥選手が自ら優勝を飾っているが、あの頃は1000kmレースで、戦術の妙が光った面があった。
 
 昨年からレース距離が短くなり、苦戦は承知の上ながら、だからこそ入念なセットアップを施し、レースに臨んだ。持ち込みのセットに大きな問題がなかったのは、今回も公式練習でクラス最多となる、35周もの周回が果たせたことで明らかだ。
 
 公式練習では、5月とは思えぬ猛暑に見舞われ、やや想定外の温度域に達していたこともあり、普段以上に入念にタイヤの選定が行われた。そんな状況においても、セッション序盤を担当した黒澤選手は1分59秒630を記し、中盤からの走行担当で、締めを任された蒲生選手は1分59秒370をマーク。12番手につけて、上々の手応えをつかんだところで公式予選を終えた。
 
公式予選 5/25(土)Q1/14:40~ Q2/15:25~
天候:晴れ 路面:ドライ 気温:31度 路面温度:48度

 公式予選のQ1は、開幕戦以来となる黒澤選手が担当。公式練習の温度も想定外だったが、予選はそれ以上。路面温度はほぼ50度と、もはや真夏である。
 
 開始とともにコースインし、タイヤに熱を入れ、いざアタック開始というところで黒澤選手は目を疑った。遅れてコースインした車両がレコードラインを、しかもスローペースで走っているではないか!
 
 やむなくアタックを1周遅らせることとした黒澤選手は、次の周で1分59秒695をマークするも、タイヤはすでにピークを過ぎており、その時点での順位は15番手に。
 
 引き続きアタックを試みるも、ヘアピンでクラッシュがあり赤旗で計測中断。残り4分間で再開とあってピットでステイしたものの、予想外にタイムアップした車両は多くLEON PYRAMID AMGはQ1突破ならず、22番手という結果に終わった。

LEON PYRAMID AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)
LEON PYRAMID AMG(黒澤治樹/蒲生尚弥)


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

apr Lightning Stars
佐々木萌香(ささきもえか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング