スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.09.23 22:09
更新日: 2016.09.23 22:25

Arnage Racing スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | Arnage Racing スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート

SUPER GT Rd.6 SUZUKA 1000km
2016/8/27~8/28

TEAM RELEASE

Arnage Racing

「忘れ物を取りに行こう」を合言葉に、チーム一丸で1000㎞レースの完走を勝ち取る!

「真夏の三連戦」と呼ばれるシーズン中盤の連戦の最後を飾るのは、今年で45回目を迎える「International SUZUKA 1000km」。走行時間が6時間に及ぶ伝統の耐久レースは、Arnage Racingの地元で行われる唯一のレースで、シーズン最大の山場ともいえる。しかし、Arnage Racingはチームが発足した2013年に入賞して以来完走に恵まれておらず、特に昨年は大きなクラッシュでレースを終えている。苦い思い出がつきまとう鈴鹿1000㎞を、今年は何としても無事に完走させて胸のつかえを払拭したい。

 ガレージでは、3週間のインターバルの間に1000㎞の長丁場を走り切れるように、細かい箇所までメンテナンスを行った。特に第5戦の富士ラウンド前に投入した左側のドライブシャフトに加え、右側も新しいドライブシャフトに交換するなどして、マイレージの蓄積からくる不安を取り除いた。前戦富士スピードウェイで、よい流れを取り戻して意気の高まるArnage Racingは、第3ドライバーに5月の富士ラウンド以来3戦ぶりとなる加納選手を迎え、「忘れ物を取りに行こう」を合言葉にレースウィークを迎えた。

ODYSSEY SLS
ODYSSEY SLS


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

エンパイヤ自動車
佐久間夏紀(さくまなつき)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング