スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.10.10 12:40

LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第7戦タイ 決勝レポート


スーパーGT | LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第7戦タイ 決勝レポート

2016 AUTOBACS SUPER GT Report

BURIRAM SUPER GT RACE
第7戦 チャン・インターナショナル・サーキット
ZENT CERUMO RC F

#38 立川祐路/石浦宏明
◆10月9日(日) RACE
決勝結果 15位

<決勝>天候:晴れ コース状況:ドライ
 90kgのハンデウエイトに苦しみながら、なんとか予選日を通じて光明を見出したLEXUS TEAM ZENT CERUMO。2レースがひとつの週末に開催される最終戦もてぎに繋げるためにも、66周の決勝レースでなんとかポイント圏内までに追い上げることが必要だ。チームは晴天に恵まれた現地時間午前9時50分からのフリー走行に挑んだ。

 ZENT CERUMO RC Fは、前日の公式予選Q1に続いて立川祐路がステアリングを握りコースイン。まずは5周の連続周回を行い、燃料を積んだ状態でのZENT CERUMO RC Fの状態やタイヤのチェックを行っていく。6周目に一度ピットインした後、8周目に石浦宏明に交代。合計で16周をこなし、石浦のドライブ中に1分27秒512をマーク。このセッションの11番手で走行を終えた。

 前日に比べれば明らかにZENT CERUMO RC Fの状態は好転しており、決勝レースでもミスなく戦うことができれば、目標とするポイント圏内に浮上することもできるはず。LEXUS TEAM ZENT CERUMOはピットウォーク等のスケジュールをあわただしくこなし、現地時間午後3時からの決勝レースに挑んだ。

 スタートドライバーを務めたのは石浦。11番手からスタートを切ったZENT CERUMO RC Fは、ふたつポジションを上げ9番手でオープニングラップを終えるが、3周目には2台にかわされ11番手へ。フリー走行の段階からストレートスピードが思うように伸びない状況を感じていた石浦だったが、混戦のなかでは不利な状況となっていた。