スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.10.11 17:15
更新日: 2016.10.11 17:40

アウディジャパン スーパーGT第7戦タイ レースレポート


スーパーGT | アウディジャパン スーパーGT第7戦タイ レースレポート

Audi Team Hitotsuyamaは接触事故によりトラブルが発生するも、最終戦に繋ぐ速さを見せる

 アウディ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤徹)は新型Audi R8 LMSでスーパーGTのGT300クラスに挑戦するカスタマー(プライベート)チームを支援しています。

 予選10月8日、決勝10月9日にチャン・インターナショナル・サーキット(タイ・ブリーラム 1周4,554km)でスーパーGT第7戦「BURIRAM SUPER GT RACE」が開催されました。前戦に続き、#21 Audi Team Hitotsuyama(アウディ・チーム・ヒトツヤマ)が参戦。#26 Team TAISAN SARD(チーム・タイサン・サード)はこのレースは欠場しています。

 この大会は全8戦で行われる2016年シーズンにおいて、唯一の海外レースであり、タイでの開催は今年で3度目となります。予選と決勝の2日間で合計52,197人の観客が訪れており、タイでもスーパーGTは人気のレースカテゴリーとなっています。

 Audi Team Hitotsuyamaは富士での2位をはじめ前戦までの結果をもとにウェイトハンディ制によってこのレースでは58kgのハンディ重量が課されていました。

 予選日は快晴、路面コンディションはドライ。Q1、Q2と2回に分けて行われる予選には、まず藤井誠暢選手が挑みましたが、上位と僅差でQ1を突破することができず、予選20番手グリッドとなりました。

 翌日も快晴に恵まれ、決勝スタート時には気温33度、路面温度44度を記録。タイの高気温を想定して硬めのタイヤを持ち込んでいたチームにとっては、ポジションアップが期待できる状況でした。その狙いどおりにスタードドライバーを務めたリチャード・ライアン選手がオープニングラップで一気に14位まで、6つのポジションアップを果たしました。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング