スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.10.12 17:07

LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S スーパーGT第7戦タイ レースレポート


スーパーGT | LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S スーパーGT第7戦タイ レースレポート

LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S
WAKO’S 4CR RC F
#6 Kazuya OSHIMA/Andrea CALDARELLI

2016年 SUPER GTシリーズ 第7戦 チャン国際サーキット レースレポート

大会概要 2016年 スーパーGT シリーズ 第7戦
大会名称 2016 AUTOBACS SUPER GT Round 7 BURIRAM SUPER GT RACE
開催日時 10月8日 土曜日(予選) 10月9日 日曜日(決勝)
開催サーキット チャン国際サーキット(1周 4.554km)
所在地 タイ国ブリーラム県
同時開催レースカテゴリー タイ現地のレースを前座戦として開催

予選(10月8日)
天気:晴れ コース状況:ドライ
気温:30度 路温:38度(予選開始時)
予選開始:15時(現地時間)

 日本国内のみならず、海外、特にアジア地域からも熱い注目を集めるスーパーGTは、同地域でのシリーズ戦を継続実施してきている。一昨年からその舞台となっているのは、タイのブリーラムにあるチャン国際サーキット。プロサッカークラブの球場等とも併設され、スポーツ新興国といえるタイのモータースポーツ発信地的な役割も担っている新しいサーキットである。

 もちろん、暑い場所だ。実質的にはシーズン6戦目の位置付けとなる今季のタイ大会、LEXUS TEAM LEMANS WAKO’Sの大嶋和也&アンドレア・カルダレッリは70kgの重ハンデを背負っての走りになるが、現在5位のポジションにあるシリーズランクをさらに上へと押し上げることを狙って戦う。

#6 WAKO’S 4CR RC F
予選結果:6位
予選Q1ベストタイム:1分24秒462/大嶋選手
予選Q2ベストタイム:1分24秒809/カルダレッリ選手

 タイ大会にしては暑さ控えめといえるコンディションで迎えた予選。GT300クラスのQ1開始時である15時には38度だった路温も次第に下がっていくなかでの戦いとなる。#6 WAKO’S 4CR RC Fは、Q1に大嶋、Q2にカルダレッリを配す布陣で予選に挑んだ。

 Q1、大嶋はGT500クラスのコースレコードを最初にブレイクする1分24秒462のタイムをマークしてトップに立ち、早々にQ1突破を確実にしてピットへ戻る。続いてQ2に臨んだカルダレッリも、1分24秒809で早い段階からトップの位置へ。

 その後にライバルたちがタイムアップしてきた結果、最終的には6位に落ち着くが、ハンデ状況等を考えれば、まずまずの順位である。