スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.10.13 20:20
更新日: 2016.10.13 20:51

31号車TOYOTA PRIUS apr GT スーパーGT第7戦タイ レースレポート


スーパーGT | 31号車TOYOTA PRIUS apr GT スーパーGT第7戦タイ レースレポート

2016 AUTOBACS SUPER GT ROUND 7

開催地:チャンインターナショナルサーキット(タイ・ブリーラム)/4.554km

10月8日(予選)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:24,249人

10月9日(決勝)天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:27,948人

最終もてぎ2連戦に大きく期待をつなぐ、5位フィニッシュ!

31号車TOYOTA PRIUS apr GT
31号車TOYOTA PRIUS apr GT

 全8戦で争われるスーパーGTシリーズも、残すはあと3戦に! ラスト2戦はオートポリスの代替レースを含むツインリンクもてぎでの連戦で、しかもウエイトハンデは半減、そして最後はノーハンデとなる。つまりフルハンデのレースは今回までとあって、厳しい戦いに生き残ったチームだけに栄冠をつかむチャンスが与えられる。

 そんなシリーズ第7戦の舞台は、日本から南西に約4500km離れたタイ、チャンインターナショナルサーキットで、今回で3回目の開催となる。その最大の特徴は、富士をも上回るハイアベレージコースであることだ。全長は10mと違わないのに、GT300のレコードタイムの比較で3秒も速いと聞けば、いかほどであるか想像もつこう。加えて、気候分類でタイは熱帯に位置するため、だいぶ日本では涼しくなってきたのに、また真夏に引き戻される可能性も……。どうあれ、過酷なレースとなるのは必至と言えた。

 GT300に挑むaprは、今年から2台のZVW50型トヨタプリウスを投入。ブリヂストンタイヤを装着する「#31 TOYOTA PRIUS apr GT」を、昨年に引き続き嵯峨宏紀選手と中山雄一選手がドライブする。開幕からの2戦は産みの苦しみを味わうも、マシンの熟成は徐々に進んでいき、その成果が最初に現れたのが第3戦のSUGO。予選2番手から力強いレースを見せ、初優勝を飾っている。

 そして、前回の鈴鹿1000kmでも2位入賞。目まぐるしく変わる天候に若干翻弄もされたが、ピット戦略も完璧に今季2回目の表彰台に上がることとなった。その結果、ドライバーランキングでは2位に浮上。トップがハンデ上限の100kgにほぼ達しているのに対し、「#31 TOYOTA PRIUS apr GT」は76kgとあって、差を詰める可能性は十分にあり! 異国での大活躍に期待がかかった。

公式練習 10月8日(土)10:00~11:35

 土曜日のチャンインターナショナルサーキットは、確かに暑いには暑いのだが、これまでに比べると、それほどでもないというのが正確な印象か。また、未明には激しいスコールが降り、早朝の路面はウェットコンディション。過去2回はセッション中の降雨は一度もなかったのだが、いよいよそんな心配も……と思われた一方で、「#31 TOYOTA PRIUS apr GT」が装着するウエットタイヤのパフォーマンスは、高い定評を誇る。

 もし、雨が降ったとしても、かえってマージンを得られる可能性もあった。ただ、公式練習が始まって間もなくは、路面の一部が濡れていたこともあって、ウェット宣言も出されたものの、瞬く間に乾いて、それぞれドライタイヤで十分走行可能な条件になっていた。

 最初に「#31 TOYOTA PRIUS apr GT」のシートにおさまったのは嵯峨選手。まずはピットイン~アウトでチェックを行い、セットを調整した後、開始10分目から本格的な走行が開始される。周回を重ねるごと嵯峨選手はタイムを縮めていき、まずは1分34秒912が記録された直後に赤旗が。すぐに再開されてリズムを切らさずに済んだのは何より。その様子は、走行再開後に1分33秒927という、ターゲットとされるタイムがすぐに記されたことで明らかだ。

 その後ピットに戻ると、そこからは決勝モードのセットに変更して細かく確認を行ったのちに、ほぼ1時間が経過した頃から中山選手の走行になっていく。1分35秒台をコンスタントに記していくのは、まさに中山選手ならでは。いったんピットに戻り、さらに微調整を行うと、GT300の単独セッションでは1分34秒272というクラス5番手のタイムを記録し、上々の滑り出しとなっていた。


本日のレースクイーン

UP GARAGE HONEYS
宮野真菜(みやのまな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング