スーパーGT ニュース

投稿日: 2020.09.17 17:47

K-tunes Racing 2020スーパーGT第4戦もてぎ 決勝レポート


スーパーGT | K-tunes Racing 2020スーパーGT第4戦もてぎ 決勝レポート

Round.4もてぎ 決勝

2020.09.12~13
TWIN RING MOTEGI

雨が無くても見事4位入賞
今季初ポイントをゲット

 2020 AUTOBACS SUPER GT第4戦、9月13日にツインリン
クもてぎで行われた決勝レースで4位を獲得、K-tunes Racingは今シーズン、ついに初ポイントを手にしました。苦しいレースが続いていたチームにとって、とても嬉しい初入賞です。

 前日の公式練習、公式予選と、ライバルたちと戦う速さを持っていることは明らかでした。それは好成績を残してきたマシンにウエイトハンデが載せられていることも無関係ではありません。しかしそれ以上に、チームが進化してきたことで競争力がアップしたことも重要な要素でした。
 予選6番手を獲得。上位を狙える位置からスタートするドライバーはベテラン新田守男選手が担当しました。スタートでさっそく5番手へ上がりますが、オーバーテイクが難しいツインリンクもてぎでは、結構大きなタイム差がないと前へ出ることができません。

 数珠繋ぎのように、一列に並んだまま周回を重ねていきました。そうしているうちに、88号車ランボルギーニにオーバーテイクを許し、6位へ。途中でセーフティカーが入りますが、上位陣に動きはありません。23周目、やや早めのタイミングで阪口晴南選手へドライバー交代。タイヤ4本も交換し、燃料もフルタンクまで補給しました。

 いわゆるフルサービスのピット作業をしたためにロスタイムは大きく、ポジションは19位にまで落ちました。ドライバー交代するチームも増えていき、少しずつポジションを戻していきます。32周目には13位まで戻し、36周目にはライバル55号車NSXをオーバーテイクし、ポイント圏内の10位へ。39周目に8位になったところでセーフティカーが入り、拡がっていたトップとの差が大幅に縮まりました。

2020年スーパーGT第4戦もてぎ K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)

 そして再スタート後、48周目に25号車ポルシェをオーバーテイクして7位。56周目、2位を走行していた360号車がストップして6位。58周目には5位、そしてファイナルラップに4位へとポジションを上げ、チェッカーフラッグを受けました。

 今シーズン前半戦の苦しい戦いとは全く違う、エキサイティングなレースでした。レース終了と同時に、チームはまるで優勝したかのような雰囲気になりました。次戦、第5戦は再び富士スピードウェイに場所を戻し、10月3日~4日に開催されます。シーズン序盤とは違った、進化したK-tunes Racingの成果を残せるか? ご注目ください。

■コメント
新田守男

「ボクたちのタイヤがドライのレースでどれくらいのペースなのか、まだ判っていなかったので、今日のレースは重要なデータが得られたと思います。4位という結果も大事ですが、今後につながるレースになったと思います」

阪口晴南

「アウトラップからペースを上げることができ、序盤のペースも良く、何台かオーバーテイクできました。セーフティカーが入って差が詰まったのもラッキーでした。自分たちの力で表彰台に立てるように、進化していきたいですね」

2020年スーパーGT第4戦もてぎ 新田守男と阪口晴南(K-tunes RC F GT3)
2020年スーパーGT第4戦もてぎ 新田守男と阪口晴南(K-tunes RC F GT3)


本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング