スーパーGT ニュース

投稿日: 2020.10.27 14:28
更新日: 2020.10.27 14:29

K-tunes RACING 2020スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | K-tunes RACING 2020スーパーGT第6戦鈴鹿 レースレポート

K-tunes RACING
2020.10.24-25
SUZUKA CIRCUIT
Round.6
鈴鹿 予選

予選Q1、Q2ともにトップ 今シーズン初のPP獲得!!

 AUTOBACS SUPER GT 第6戦鈴鹿は、10月24日(土)公式予選が行われました。その結果は、見事に阪口晴南選手がポールポジションを獲得しました。チームにとっては今シーズン初であり、阪口晴南選手にとっても記念すべきSUPER GT初のポールポジションとなりました。

 LEXUS RC F GT3にとって相性の良い鈴鹿サーキットは、これまでも2018年、2019年と優勝を飾っています。それはエンジンパワーではなく、コーナリング性能が要求されるコースだからです。そして、同時にタイヤの性能にも大きく影響を受けることになります。

 今シーズン第3戦も鈴鹿サーキットでしたが、その時点ではまだダンロップタイヤについてのデータが不十分で、その性能を活かし切ることができませんでした。苦しいシーズンながら、一戦一戦を積み重ね、ドライバー、チーム、マシンが少しずつ進化してきたことが、今回のポールポジションにつながったと言っていいでしょう。

 予選Q1、今回は新田守男選手が担当しました。今シーズンはここまで、一発の速さを持つ阪口晴南選手がQ1を担当し、確実にQ2進出を果たすことをチームは目指してきました。しかし、今回は予選上位を狙い、阪口晴南選手をQ2に配したのです。

2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)
2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南)

 K-tunes Racing96号車はA組で、ウエイトハンデ100kgのマシンが3台入っているなど、Q2進出には優位な条件に見えました。しかし、そんなことはお構えなしに、新田守男選手は1分56秒459というタイムを記録。A組のトップタイムだけでなく、全体のトップタイムで、しかも唯一1分56秒台という形でした。

 自ら志願してQ2に臨むことになった阪口晴南選手は、もはやポールポジションを獲らなければならないようなチームの雰囲気に、いつもより少し緊張気味でした。コース上での混雑を避けるため、あえてコースインを遅らせました。

そしてタイムアタックへ入ると、セクター1、セクター2と全体のベストを更新する区間タイムを記録。鈴鹿は細部までを知り尽くしたホームコースであり、いつもの阪口晴南選手の速さに、さらにブーストがかかります。そして記録したタイムは1分55秒838。

 2年前に中山雄一選手が出したコースレコードにはわずかに届きませんでしたが、唯一の55秒台のタイムでした。決勝レースは10月25日(日)13:00からスタートします。ポールポジションからどんなレース展開となるのか、注目です。

■コメント
新田守男

「久々のトップタイムでしたね。本当に久しぶりです。マシンのセットアップの方向性を変えたのと、路面温度がタイヤにマッチしたのが大きいですね。決勝は厳しい部分もありますが、ベストを尽くして良い結果を残したいですね」

阪口晴南

「公式練習の段階からニュータイヤでの一発の速さがあることは確認できていたので、ポールポジションを獲る自信はありました。新田選手の予選アタックで、マシンやコースの状況が良くわかったのも大きかったと思います」

2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 ポールポジション獲得を喜ぶ新田守男と阪口晴南(K-tunes RC F GT3)
2020年スーパーGT第6戦鈴鹿 ポールポジション獲得を喜ぶ新田守男と阪口晴南(K-tunes RC F GT3)


関連のニュース

本日のレースクイーン


西野咲(にしのさき)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング