スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.11.12 22:12

LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第3戦もてぎ 決勝レポート


スーパーGT | LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第3戦もてぎ 決勝レポート

2016 AUTOBACS SUPER GT Report
MOTEGI GT GRAND FINAL
第3戦/第8戦 ツインリンクもてぎ
ZENT CERUMO RC F
#38 立川祐路/石浦宏明
◆11月12日(土) Round 3 QUALIFY / RACE
第3戦公式予選 14位(1分48秒450)
第3戦決勝 6位

<公式予選>天候:晴れ コース状況:ウエット 
<決勝>天候:晴れ コース状況:ドライ 

 終日雨に見舞われ、ウエットコンディションとなった11月11日(金)の公式練習走行から一夜明け、11月12日(土)のSUPER GT第3戦予選・決勝日を迎えた。熊本地震復興支援大会として開催されるこの日の第3戦は、午前9時からGT500クラスの予選が、午後1時10分から53周の決勝レースが開催される。

 公式練習走行がウエットだったため、ドライのセッティングができず“ぶっつけ本番”となった予選だが、天気予報どおり朝のツインリンクもてぎは晴天に恵まれたものの、前夜からの雨が残り、路面は濡れていた。直前のGT300クラスでの予選が終わってからも、路面は乾かなかった。

 LEXUS TEAM ZENT CERUMOは前日に申請したとおり、立川祐路にステアリングを託しアタックを展開していく。15分間しか走行時間はないため、まずはウエットタイヤで一度アタックを展開。ただ、コンディションの変化にともない、チームは別の種類のウエットタイヤを装着することを決断する。

 チェッカーまでにアタックを完了するべく急いでタイヤ交換を行い、ふたたびZENT CERUMO RC Fをコースに送り出したが、いざアタックラップに入ろうとするとき、まさかの事態となってしまった。なんと、立川がコントロールラインを通過する4秒前にチェッカーフラッグが提示されてしまったのだ。

 これで、タイム向上を目指したアタックができないまま立川は予選を終えることになってしまう。「もう1周いけたとしてもポールポジションは無理だったとは思いますけど……。セクター4は良いタイムが出ていたんですが」と村田卓児エンジニアは悔しがったが、この結果ZENT CERUMO RC Fの第3戦の予選順位は14番手。逆転チャンピオンに向け、暗雲が立ちこめてしまう。

 とは言え、順位を嘆いていてもはじまらない。13日(日)の第8戦に望みをつなぐためにも、決勝レースでの追い上げが必要だった。村田エンジニアはZENT CERUMO RC Fを早めにピットインさせ、順位を挽回する作戦を立てた。


関連のニュース

本日のレースクイーン

TONEモタスポサポートギャル
小林ソラ(こばやしそら)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング