スーパーGTニュース

2016.04.10

SGT開幕戦岡山決勝:GT500はMOTUL GT-Rが逆転V。激戦の2位争いは平川が千代の猛攻退ける


MOTUL AUTECH GT-R

 2016年のスーパーGT開幕戦岡山は10日(日)、岡山国際サーキットで82周の決勝が行われ、昨年王者のMOTUL AUTECH GT-Rが貫禄のレース運びで開幕戦を制した。

2016スーパーGT第1戦岡山 GT500決勝スタート
2016スーパーGT第1戦岡山 GT500決勝スタート

 気温20度、路面温度26度、曇り空の中でレースがスタート。ポールシッターのKeePer TOM’S RC Fを先頭に順当に1コーナーへ。序盤は大きな順位変動もなく各車ともに様子を伺う展開となる。そのなかでも、昨年の岡山ラウンドも勝利しているKeePer RC Fのペースがよく、スタートドライバーを務めたジェームス・ロシターが3周目に2.2秒のアドバンテージを築き、その後も少しずつ後続を引き離していった。

 5周目を過ぎると各所でバトルが勃発。序盤にファンを沸かせたのがWedsSport ADVAN RC Fの関口雄飛。7周目の1コーナーでZENT CERUMO RC Fの石浦宏明を交わし、7番手に浮上すると、すかさずDENSO KOBELCO SARD RC Fの平手晃平に並びかけ、9周目のヘアピンでGT300クラスを巧みに使って平手をパス。6番手に浮上すると、そのまま5番手を走るカルソニックIMPUL GT-Rの安田裕信にも襲いかかっていった。
 一方、先頭のロシターは、後続が激しい順位争いをしている間も快調に周回を重ね、16周目には後続に対して5秒のギャップを築いた。

 20周を過ぎると今度は2番手争いが熱を帯びてくる。スタートから2番手をキープしていたWAKO’S 4CR RC Fのアンドレア・カルダレッリの後ろにMOTUL GT-Rのロニー・クインタレッリが迫った。サーキット各所で激しい攻防戦を繰り広げた末、28周目のヘアピンでクインタレッリがオーバーテイクに成功。その後もペースを落とすことなく、徐々にロシターに迫っていき、29周目に4.9秒差、そして34周目には0.9秒差まで接近した。
 逆に背後まで迫られたロシターは35周終わりでピットイン。48秒でピット作業を終え、平川亮にバトンをつないだ。

 前方がクリアになったクインタレッリは一気にペースをアップ。1分22秒台のラップを刻み39周目にピットイン。チームも完璧な作業で応え、40.8秒のピットストップで松田次生を送り出し、KeePer RC Fとの順位を逆転することに成功した。後半スティントを任された次生も1分22秒台のペースで一気に差を広げ、42周目にはギャップを10秒まで拡大し、優勝に向けて盤石な体制を築いていった。

 次生は圧倒的なペースで走行を重ねたうえ、レース終盤は後続が順位争いを繰り広げたこともあり、完全に独走状態に。MOTUL GT-Rは、2番手に15秒の大差をつけてそのままトップチェッカーを受け、シリーズ3連覇に向けて、幸先の良いスタートを切った。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

GOODRIDE LADY/2018D1GP
佐伯みゆ(さえきみゆ)

Photo Ranking

フォトランキング