スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.04.10 19:14
更新日: 2016.04.11 13:08

クインタレッリ「予選の結果がなければ、今日の優勝はなかった」


スーパーGT | クインタレッリ「予選の結果がなければ、今日の優勝はなかった」

 スーパーGT第1戦岡山の決勝でGT500クラスの優勝を果たしたMOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリと松田次生が、決勝の戦いを振り返った。

●GT500クラス優勝:MOTUL AUTECH GT-R
ロニー・クインタレッリ

「(優勝は)まだ実感できていないです。3週間前の合同テストの時はすごく調子が悪かったですからね。とにかく開幕戦で優勝できましたが、個人的には開幕戦の優勝は初めてだったし、スーパーGTの岡山で優勝するのも初めてなので、本当にうれしいです」

「僕は昨日の朝のフリー走行から最初を走ってきましたが、はじめから『今回は全然違う』、とにかく(タイヤの)グリップがクルマのバランスを含めて良くて、合同テストとは全然レベルが違ったし、いつも通りのクルマのパフォーマンスだったので、もしかしたらいけるんじゃないかと思っていました。その後も、路面が良くなると僕らのタイヤがさらに機能してくれました。予選は3番手で、みんなからは『悔しいんじゃないの?』と言われましたが、個人的にはすごくうれしかったし、ものすごく大事なことでした。例えば、あそこで4番手や5番手だったら今日は優勝できなかったと思います。予選Q1では次生選手の素晴らしい走りがあったし、Q2の3位のおかげで今日のレースの展開に持ち込めました。僕の好きな走りができたし、タイヤもマネージメントできたので後半はプッシュ、プッシュできましたね。気持ちの良い、いいスティントでした」


本日のレースクイーン

マッハ車検GAL
小林唯叶(こばやしゆいか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング