F1ニュース

2016.05.30

レッドブル、ピットインの混乱は「間違えてソフトタイヤを用意」と説明


 レッドブルF1チームの代表クリスチャン・ホーナーは、ダニエル・リカルドが勝利を逃す原因となったピットストップでのミスは、通常とは異なるガレージのレイアウトが原因だったと分析する。 

 モナコのピットレーンは他のサーキットよりも狭く、通常ピットウォールに設営されるチームの設備は、ピットガレージの上となる。リカルドがインターミディエイトからスーパーソフトへ交換するためにピットへ戻った際、チームはタイヤの準備ができていなかった。このピットでの遅れにより、リカルドはハミルトンの後ろでコースに戻ることとなった。

 ホーナーによると、スーパーソフトがリクエストされていたことをクルーが把握しておらず、ソフトタイヤが準備されていたという。このため、リカルドがピットへ到着するまでに、スーパーソフトを用意することができなかったというのだ。

「1周早くウルトラソフトに交換したハミルトンは、最後までタイヤがギリギリもつかどうか、といった様子に見えた。それでリカルドには、もう一段階硬いタイヤを履かせることにした。その時点でガレージにどのタイヤが準備されているかという部分での伝達ミスがあったのだ。ピットウォールが2階で、当然ながらガレージは1階で、タイヤはガレージ内と裏とで温めていた。不運なことに、指示のあったタイヤはガレージの裏側にあった。もともとメカニックはソフトタイヤを準備していたため、混乱が生じた」とホーナーは説明する。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング