スーパーフォーミュラニュース

2016.12.04

可夢偉、今年も筑波フルアタック。レコード更新で「42秒も見えてきた」


小林可夢偉がSF14で筑波サーキットでタイムアタック。レコードタイムを更新してみせた。

 4日、筑波サーキットで開催された『スピード×サウンド トロフィー』で、小林可夢偉操るスーパーフォーミュラSF14が、昨年樹立したコースレコードを上回る43秒304を記録。2年連続で筑波サーキット・コース2000のレコードタイムを更新した。


関連のニュース