スーパーGTニュース

2016.05.04

SGT第2戦富士:55周経過時点でカルソニック首位独走。S RoadとZENTの2位争いが接近


カルソニック IMPUL GT-R

 2016年のスーパーGT第2戦富士の決勝レースがスタート。半分の55周を終えて、ポールシッターのカルソニックIMPUL GT-Rがトップをキープしている。

 午前中までは強かった風も弱まり、五月晴れで絶好の観戦日和となった富士スピードウェイ。グランドスタンドもほぼ満員になり、多くのファンが注目するなか、110周の決勝レースがスタートした。

 ポールポジションのカルソニックIMPUL GT-Rはジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがスタートドライバーを担当。トップでTGRコーナー(1コーナー)を通過すると、着実に2番手以下を引き離していく。6周目に入ってGT300クラスとの混走状態になると各所でポジション争いが激化。まずは2番手のS Road CRAFTSPORTS GT-Rの本山哲に3番手のZENT CERUMO RC Fの立川祐路が接近。6周を過ぎたところで一瞬並びかけるも、ここは本山がポジションを守った。10周目には、本山がペースを戻し、トップのオリベイラを追いかけていく。

 一方、追いかける立川は10周目を過ぎてからペースを上げることができず、4番手のMOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリに接近されてしまう。数周は押さえ込んでいたが、15周目の最終コーナーでクインタレッリにインを突かれ、4番手へ後退。しかし17周目のTGRコーナーでクインタレッリのインに飛び込み順位を奪い返した。この2台がバトルを繰り広げたことで5番手DENSO KOBELCO RC Fのヘイキ・コバライネンが2台に接近し、三つ巴のバトルへと発展した。

 20周目に入ると本山のペースが落ち、3位を争う集団が接近。GT300と絡んだ隙に間合いを詰めた立川が27周目のTGRコーナーで本山のインに飛び込み、2番手に浮上。オーバーテイクされた本山も粘りの走りで、2周後のTGRコーナーで並びかけるが立川も懸命にブロック。白熱したバトルで場内を沸かせた。

 ここまで、GT500クラスはトラブルなく走行していたが、30周目のトヨペット100RコーナーでRAYBRIG NSX CONCEPT-GTがハイスピード状態でスピン。タイヤバリアに衝突する手前で停止したものの、トラブルが発生したのかスロー走行でピットへ。修復を施し4周遅れで戦列に復帰した。


News Ranking

本日のレースクイーン

a-Girls/2017SGT
白石愛美(しらいしまなみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

27日(Sat)

フォーミュラV8 3.5 第4戦 ヘレス

F2 第3戦モナコ

ニュルブルクリンク24時間レース

全日本F3 岡山国際サーキット

WTCC 第4戦ドイツ(ニュルブルクリンク 北コース)

28日(Sun)

世界ラリークロス 第5戦イギリス

ニュルブルクリンク24時間レース

TCRインターナショナル 第4戦モナコ

インディカー・シリーズ 第6戦インディアナポリス500マイル

全日本F3 岡山国際サーキット

SBK 第6戦イギリス

スーパーフォーミュラ 第2戦岡山国際サーキット

F1 第6戦モナコGP

29日(Mon)

30日(Tue)

31日(Wed)

1日(Thu)

2日(Fri)