MotoGP ニュース

投稿日: 2016.07.29 00:37
更新日: 2016.07.29 06:17

ライディングスポーツ編集長が鈴鹿8耐を語る。「秒単位で速い」ヤマハ連覇への懸念


MotoGP | ライディングスポーツ編集長が鈴鹿8耐を語る。「秒単位で速い」ヤマハ連覇への懸念

 今週末に開催を迎える真夏の祭典、鈴鹿8時間耐久ロードレース。日本最大のバイクレースを前に、スマートフォン専用サイト『モータースポーツチャンネル』で2輪のモータースポーツロードレース専門誌ライディングスポーツの編集長を務める青木淳氏が今年の勢力図とレースの見どころを語った。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■テストから見えた勢力図。ヤマハの連覇は盤石か

 今年の勢力図に関しては、「ヤマハが今年も強いですよ。盤石の体制と言っても良いぐらいです」と青木氏。昨年、新型となって登場したYZF-R1は2年目を迎えかなり仕上がっているようだ。

「ヤマハは公式練習や予選が始まると(他のバイクにくらべ)1秒から1秒半ぐらいは速いかもしれません。去年の予選タイムである2分6秒フラットは、中須賀克行が全日本ロードレースの最終戦鈴鹿で2分5秒台を記録し、既に塗り替えました。なので予選では2分5秒台、うまくタイヤとマシンがマッチすれば2分4秒台もあり得えると思います」

 だが青木氏はヤマハにひとつだけ懸念材料があるという。それはポル・エスパルガロの走行不足だ。


本日のレースクイーン

KeePer Angels
小嶋みやび(こじまみやび)

MotoGP Photo Ranking

フォトランキング